高度運転自動化 に関する記事

「自動運転×ヨーロッパ」の最新動向は? 各国政府や企業の取り組みまとめ

自動車メーカーらが熾烈な自動運転の開発競争を展開する中、各国政府も国際基準作りの主導権を巡って水面下でしのぎを削っている。主導権争いは日本をはじめ米国、欧州、中国が有力視されているが、多くの国が集うEU(欧州連合)はやはり強力だ。 ...

UDトラックス、自動運転レベル4の走行デモを披露 LiDARなどのコアセンサ...

6段階に分かれる自動運転レベルの上から2つ目、自動運転レベル4(高度運転自動化)の技術を搭載した大型トラックの走行デモンストレーションが、2018年12月12日に開催された。開催したのはUDトラックス株式会社(本社:埼玉県上尾市/代...

「自動運転×日本国の動き」の最新動向は? 政策やプロジェクトまとめ

自動運転社会の実現に向け、開発競争に拍車をかける民間企業。他社よりも早く、他国よりも早く新技術を確立し、新産業分野におけるいっそうの飛躍を目指している。 そういった開発競争を支えているのが「国」だ。さまざまな法規制で企業活動を...

人口250人の滋賀・葛川地域で自動運転の実証実験 レベル4搭載、道の駅を利用...

人口約250人の地域で自動運転の実証実験——。山間地の道の駅などを拠点とした自動運転サービスの検証テストが2019年3月ごろ、滋賀県大津市の葛川地域で実施される。 無人でも走行可能な自動運転レベル4(高度運転自動化)の技術が搭載された...

イーロン・マスク氏、「居眠り自動運転事件」受け標準仕様を変更へ

米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が2018年12月10日までに、宝石デザイナーでテスラファンだという米ロサンゼルス在住の女性個人からの助言を受け入れ、運転手からの応答を自動運転システムが検知で...

Automagi社、AI映像解析で運転中の居眠り検知 NTTドコモの開発を支...

AI(人工知能)関連事業などを手掛けるAutomagi株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:櫻井将彦)は2018年12月9日までに、運転車の映像を解析して居眠りを検知するシステムの開発をサポートしたことを発表した。 このシステ...

グーグル系ウェイモの自動運転タクシー、米アリゾナ州で商用サービス開始

米グーグル系の自動運転開発企業であるウェイモは2018年12月5日、米アリゾナ州フェニックスで自動運転タクシーの有料商用サービス「ウェイモワン」を開始したと発表した。 人が運転に関与する必要が全くない自動運転レベル4(高度運転...

ラストワンマイルとは? 課題解決に向け自動運転技術など活用

運輸業界が抱えるラストワンマイルの課題解決に向け、自動運転技術やMaaS(Mobility as a Service)分野の積極的な活用が検討されている。物流における宅配便や地方における高齢者の移動手段など、今後も必要とされるサービ...

パイオニアの自動運転・LiDAR戦略まとめ ロードマップや開発状況は?

経営改善に向け財務基盤の早期立て直しを図る電機メーカー大手のパイオニア(本社:東京都文京区/代表取締役:森谷浩一)。コネクテッドカーライフの早期実現や高精度地図ビジネスの確立・拡大などによるV字成長を目指すが、中でも期待を込めるのが...

自動バレーパーキングとは? 自動運転技術を活用 開発企業は?

自動運転レベル4(高度運転自動化)の実現は、駐車場から始まるかもしれない。大規模駐車場を想定した自動バレーパーキング技術の開発が国内外で進められており、完成度も飛躍的に高まっているようだ。 大規模商業施設や空港など大きな駐車場...