電動化

JXTG、MaaS見据え電車自転車シェア大手OpenStreetと協業 エネ...

石油元売り大手のJXTGホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区/社長:杉森務)は2020年2月3日までに、MaaSを見越した将来のモビリティプラットフォーム構築に向け、シェア自転車大手でソフトバンクなどが出資するOpenStreet...

GM Cruise、ハンドルなしオリジナル自動運転車を発表!

米自動車メーカーGM(ゼネラル・モーターズ)の自動運転子会社Cruise(クルーズ)は2020年1月21日、オリジナルの自動運転車両を公表した。 Cruiseが公表した自動運転車にはハンドルやペダル類もついてなく、サイドミラー...

社長直轄組織も!デンソー、CASE進展見据え体制変更 AI自動運転やコネクテ...

自動車部品大手の株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市/社長:有馬浩二)は2019年12月30日までに、CASE(コネクテッド・自動運転・シェアリング・電動化)の進展に対応するための組織体制の変更を発表した。 その組織変更の柱の...

自動運転ラボ、2019年に読まれた「解説記事」ランキング

自動運転業界の最新動向をアップしている自動運転ラボでは、さまざまなテーマのもと解説記事やまとめ記事も続々と掲載している。 今回は、数百を数える解説記事の中からページビュー数(閲覧数)が多かった順にランキング化し、トップ10に輝いた各記...

CASE対応推進!米UL、鹿島EMC試験所の次世代モビリティ棟を本格稼働へ

第三者安全科学機関である米ULは2019年12月2日、CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)対応の推進に向け、千葉県の「鹿島EMC試験所」に新設した次世代モビリティ棟を2020年1月6日から本格稼働させることを発表...

CASE進展、2020年以降の自動車業界はどう変わる?電動化や自動運転化によ...

自動車業界の潮流ともいえるCASE(コネクテッド、自動運転、シェア・サービス、電動化)。この流れは2020年以降も続き、業界の変革を象徴するキーワードとして定着・一般化しそうだ。 CASEの進展により未来の自動車業界はどのよう...

【保存版】トヨタ×自動運転の全てが分かる4万字解説

世界の自動車販売において、独VW(フォルクス・ワーゲン)グループと首位を争うトヨタ自動車。リーディングカンパニーの1社として長年業界をけん引してきた実績は、確かな信頼や技術力を築き上げてきた。 同社のブランドは今後も揺るぎない...

自動運転関連求人数、3カ月連続増 目立ち始めた「CASE」のキーワード

日本唯一の自動運転専門メディア「自動運転ラボ」(運営:株式会社ストロボ)はこのほど、日本における自動運転関連求人数調査の最新結果を発表した。2019年9月末時点の関連求人数(主要転職6サイト)は前月比0.3%増の1万5433件と微増...

ボッシュの新概念「PACE」、自動運転のほか「パーソナライズ」も

自動車部品供給メーカー大手の独ボッシュは、2019年10月24日から開催されている東京モーターショーで「PACE」という新概念を発表した。 自動車業界では現在「CASE」というキーワードが主に使われているが、この「CASE」と...

トヨタのCASE戦略とは?コネクテッド、自動運転、シェアリング・サービス、電...

次世代のモビリティ業界の在り方を示すCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング・サービス、電動化)。世界各国の自動車メーカーが相次いで事業戦略にCASEという単語を用いるようになり、各分野において開発競争が激化している。 ...