都市

MaaS(Mobility as a Service|マース)とは?【202...

「MaaS」(マース)という単語を耳にする機会がここ数年で随分と増えた。交通業界にイノベーションを起こすと言われているMaaS。実証実験が国や自治体、民間企業などによって盛んに行われるようになり、2024年に入ってもその勢いは衰える...

関係者必読!自動運転、2024年度の国交省関連予算の全容

2024年度予算が閣議決定された。それを受け、国土交通省は予算概要を発表した。注目は自動運転関連予算だ。経済産業省とともに自動運転実現に向けた各種事業を実施しており、自動車や道路を所管する重要省庁として自動運転と密接に関連している。...

GM、自動運転の「夜間一律5ドルタクシー」を展開!顧客獲得へ独自PR戦略

米GM(ゼネラルモーターズ)傘下のCruiseは2023年10月18日までに、米テキサス州ヒューストンでドライバーレスの自動運転タクシーサービスを開始した。 このサービスは、期間限定ながら全区間一律5ドル(約750円)の乗車運...

自動運転とSDGsの関係性(2023年最新版)

持続可能な社会の構築に向け、世界各国の政府や企業、個人が取り組んでいるSDGs。自動車業界においては、カーボンニュートラルの実現などに注目が集まりがちだが、自動運転技術もSDGsと無関係ではない。 自動運転はSDGsにどのよう...

超重要!自動運転技術を生かす都市構造、ガイドライン作成へ

自動運転時代の都市構造や都市交通、交通施設のあり方などについて検討を進める「都市交通における自動運転技術の活用方策に関する検討会」は2023年度以降、自動運転車両の導入や関係する都市施設の整備・デザインに関するガイドラインの作成に着...

位置特定の新技術「VPS」、自動運転向けに検証中!PLATEAUプロジェクト...

国土交通省はまちづくりのDX化を進めるため、3D都市モデルの整備・活用・オープンデータ化を「Project PLATEAU」において進めている。そして現在は「自動運転」などをテーマとした実証実験に取り組んでおり、その内容を2021年...

ZooxのエバンスCEOが語ったこととは?Amazon傘下の自動運転スタート...

米Amazonの傘下に入り、自動運転業界以外からも大きな注目を集めた米スタートアップ企業のZoox(ズークス)。そんなZooxは2020年12月に自社開発のロボタクシーを発表し、自動運転レベル5(完全運転自動化)を想定した車両として...

【お知らせ】下山哲平のインタビュー記事「コンタクトレス配送を実現する自動運転...

自動運転ラボを運営する株式会社ストロボ(本社:東京都港区)の代表取締役である下山哲平へのインタビュー記事が、東京電力やKADOKAWAなどが運営するWEBメディア「EMIRA」にて公開されましたので、お知らせいたします。 EM...

MaaS、読んでおきたい論文11選

各地で実証が進むMaaS(Mobility as a Service)。さまざまな移動手段を統合し、効率的で利便性の高い交通サービスの提供は、都市・地方の区別なく地域が抱える交通課題を解決する方策として大きな期待が持たれている。 ...

MaaSのサービス設計、展開エリアの実態を踏まえよ モビリティ実態調査から考...

マーケティングリサーチ会社の株式会社クロスマーケティング(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:五十嵐幹)は2020年1月19日までに、全国20〜79歳の男女1800人を対象にインターネットで実施した「モビリティに関する実態調査」の結...