道路

自動運転時代の道路空間、中間とりまとめ案の中身は?

国土交通省は2019年11月6日に「自動運転に対応した道路空間に関する検討会(第4回)」を開催した。国土交通省は中山間地域での道の駅を拠点とした自動運転サービスの実証実験などを行い、自動運転の早期実現に向け取り組んでいる。 検...

桜前線も計測!”データ収集装置”としての自動運転タク...

道路情報や交通情報をはじめ、さまざまなデータを生成・収集・解析しながら性能を発揮する自動運転。自動運転車がデータを生み出し、データが自動運転車を走らせると言っても過言ではないほどのデータマシンだ。 このデータマシンたる自動運転...

太陽光で自家発電…「自律型知的道路」が自動運転時代は激熱!MIRAI-LAB...

エネルギー関連事業などを手掛けるMIRAI-LABO株式会社(本社:東京都八王子/代表取締役:平塚利男)は2019年10月14日までに、国内最大級の家電・IT見本市「CEATEC」において、「自律型知的道路(Autonomous I...

自動運転の実証実験に欠かせない最重要12項目とは!?(特集:自動運転の進化、...

自動運転に関わる実証実験が全国各地で行われている。テーマは多種多様で、同じテーマであっても実証場所が異なれば状況が一変するため、二つとして同じ実証は存在せず、一つひとつの実証が厳密に実施されなければならない。 この実証において...

BMWとテンセント、中国で自動運転の開発支援センターを開設へ

ドイツの自動車大手BMWと中国のネットサービス大手テンセントは2019年7月21日までに、自動運転車の開発を支援するためのコンピューティングセンターを中国国内で開設することを発表した。 2019年末までに稼働をスタートさせる考...

自動運転と道路空間を考える検討会、配付の4資料を公開 国土交通省

自動運転の普及に向けた環境整備について議論する国土交通省主催の「自動運転に対応した道路空間に関する検討会」の第1回が、2019年7月2日に開催された。そしてこのほど、その配布資料が公開された。 検討会は今後複数回実施され、自動...

自動運転に対応した道路空間とは? 国土交通省が検討会設置

国土交通省は2019年7月2日、「自動運転に対応した道路空間に関する検討会」を設置し、同日に第1回目となる検討会を実施する。座長は東京大学大学院工学系研究科教授の羽藤英二氏が務める。 自動運転車が普及していくためにはどのような...

車で踏むだけで発電…興味深い竹中工務店の新技術 将来は自動運転向けの道路イン...

竹中工務店が発表したある技術が興味深い。2019年6月24日までの発表によれば、車両での走行が可能な振動発電ユニットを全国で初めて開発し、超省電力LED照明と組み合わせた道路埋込型の「車両誘導システム」を既に実際の商業施設で初導入したという...

奈良市のタクシー、運行の「ついで」に道路損傷情報を市に提供

2019年3月25日に奈良市と奈良県タクシー協会奈良支部会の間で、「道路損傷等による危険個所の情報提供の協力に関する協定」が締結された。 この取り組みは市内を走るタクシーの運転手に道路の凸凹やひび割れなどの損傷について情報提供...

「未来型AI公共交通サービスSAVS」とは?はこだて未来大が単行本発刊

モビリティ革命を支える技術や現状を紹介する単行本『スマートモビリティ革命 未来型AI公共交通サービス SAVS』(公立はこだて未来大学出版会)が発刊された。1990年代から現在までに至るMaaSの取り組みや、日本や世界で進められる道...