運転

完全自動運転で堂々OKな「セカンダリアクティビティ」は?

自動運転レベル3(条件付き運転自動化)が2020年4月に事実上解禁され、世間で「自動運転」への関心はより一層高まった。レベル3の段階ではまだ運転手は運転から完全に解放されるわけではないが、自動運転中に可能になることが技術革新や法規制...

自動運転車、AIの「性格」も選べるように?人の運転データを学習(深掘り!自動...

「運転は人の性格を表す」とよく言われる。100人のドライバーを仮定すると100通りの性格があり、実際に運転スタイルも100通りに上るだろう。 こうした運転スタイルは運転タイプとして類型できるが、こうした人間の運転データを自動運...

運転時間の平均は1人80分、自動運転になったら代わりに何をする?

製品評価技術基盤機構が実施した調査結果によれば、日本人の1日あたりの運転時間は1人約80分らしい。人が全く運転に関与しなくてもよい完全自動運転が実用化されれば、この80分は「自由時間」となる。 将来この自由になった時間、人々は...

【解説】自動運転解禁への道路交通法と道路運送車両法の改正案の概要

自動運転車の公道走行ルールを盛り込んだ「道路運送車両法の一部を改正する法律案」及び「道路交通法の一部を改正する法律案」が2019年3月8日、閣議決定された。政府は2020年夏ごろまでの施行を念頭に、今国会での成立を目指す構えだ。 ...

費用負担は嫌だけど…日本人、AI自動運転で事故減少に期待感

NTTコムオンライン・マーケティング・ソリューション株式会社(本社:東京都品川区/代表取締役社長:塚本良江)などは2019年1月13日までに、AI(人工知能)を搭載する自動運転車などに関する消費者態度の違いを比較するため、欧米先進国...

自動運転を想定した道路交通法改正試案、5つのポイント レベル3でスマホ利用可...

警察庁が道路交通法改正試案に対する意見募集(パブリックコメント)を2019年1月23日までの日程で行っている。自動運転レベル3(条件付き運転自動化)相当の自動車の実用化に備えた内容になっており、業界関係者などにとっては必読だ。 ...

イーソル社の「eBRAD」、各運転手の特徴を踏まえた自動運転AIを自動生成

ソフトウェア開発企業のイーソル株式会社(本社:東京都中野区/代表取締役社長:長谷川勝敏)は2018年10月7日までに、各運転手の行動や振る舞いを反映したAI(人工知能)を自動生成可能な技術を開発中であることを発表した。 開発し...

自動運転車、広告業界が狙うのは運転手が自由になる「584時間」 電通は配信プ...

日本人は1日に平均1.6時間程度自動車を運転していると言われている。これは米国の1日平均0.8時間と比べると倍近くの時間になり、1年間に通算すると「1.6時間×365日」で584時間にも及ぶ。今この584時間に注目している業界がある...

AI自動運転の先に支配的イノベーション 中央集権組織が全車両の走行支配 空飛...

自動運転には次の移行ステージがある——。こう考える有識者がにわかに増えている。 完全無人の自動運転車では車両に搭載されたAI(人工知能)が運転の主体となり、自車位置の特定や障害物の検知を行いながら安全な走行を実現する。あくまで...

サウジアラビア女性、運転解禁でライドシェア大手Uberへの登録に関心高く

自動車の運転が初めて解禁された中東サウジアラビアの女性たちが、米Uber Technologies(ウーバー・テクノロジー)のライドシェアサービスに運転手として登録するため、まず自動車免許の申請を続々行っているようだ。 Ube...