距離

「自動運転の目」って何か知らない人、いないよね?

まだまだ先の将来のことだと思われていた自動車の「自動運転化」は、実はそんなに遠い未来の話ではない。既に日本では部分的な自動運転を認める「レベル3」が解禁されている。 そしてその自動運転を実現するセンサーとして今注目されているの...

LiDAR搭載によるiPad Proの進化、「自動運転のおかげ」説

米アップル社は2020年3月22日までに、LiDAR(ライダー)スキャナを背面カメラに搭載した新しい「iPad Pro」を発表した。このLiDARスキャナを搭載したことで、これまでのiPhoneやiPadで使えたAR(拡張現実)機能...

AI自動運転向けの4つのセンサー、長所と短所を知っておこう!LiDAR、カメ...

自動運転向けセンサーの代表格と言えば、「カメラ」「ミリ波レーダー」「3D LiDAR」「超音波センサー」の4つだ。それぞれに機能や役割が異なり、長所と短所もある。それぞれの短所を補う万能センサーを開発する動きもあるが、現在の実証実験...

500m&高解像度の計測!パイオニア子会社、次世代3D-LiDARをCES ...

パイオニアの連結子会社として自動運転関連事業を担うパイオニアスマートセンシングイノベーションズ株式会社(本社:東京都文京区/代表取締役社長:高木晴彦)=PSSI=は、500mの遠距離計測が可能な「次世代3D-LiDARセンサー」の試...

深層学習、1つの「目」で正確な距離予測を可能に 自動運転で活用

自動運転の実現に必要不可欠な、歩行者やほかの車両などの物体との距離を認識する技術について、米半導体大手のNVIDIA(エヌビディア)が公式ブログでこのほど取り組みを発表した。 その取り組みとは、1台のカメラで撮影する2次元画像から、3...

自動運転向けセンサーの「三種の神器」、米NVIDIAが力説 カメラ・レーダー...

半導体大手で自動運転関連事業も手掛ける米NVIDIAが2019年5月19日までに、公式ブログに新たに記事を投稿し、自動運転車両で使用されているセンサーについて解説している。 NVIDIAはまず自動運転車両が人間を上回る精度で運行するた...

大分のAPC社、「目視の自動化」技術を展示 重機の自動運転化にも応用化

製造業向けを中心にソリューション提供している株式会社APC(本社:大分県大分市/代表取締役:佐藤隆己)は、空間・環境認識や物体認識を行う「目視の自動化」技術を、2019年2月6日から3日間、東京ビッグサイトで開催される「ものづくりA...

【インタビュー】LiDARに代替するスマートカメラを発表 Revatron浅...

従来型のLiDAR(ライダー)の代替を可能とする低価格帯AIスマートカメラを、画像・映像認識技術を手掛けるRevatron株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役:浅田麻衣子)が2018年6月に発表した。 光技術を活用して車両...

オムロンの3D-LiDAR、半導体大手エヌビディアのNVIDIA DRIVE...

オムロンの車載電装部品事業を担うオムロンオートモーティブエレクトロニクス株式会社(本社:愛知県小牧市/代表取締役社長:和田克弘)は20018年9月18日までに、自社の「3D-LiDAR」をNVIDIA製の自動運転車開発プラットフォー...