製造

スズキ工場で2024年春、日本製「空飛ぶクルマ」の製造開始へ

開発が進む「空飛ぶクルマ」。2024年の注目点の1つとして、春からスズキの工場で機体の製造が開始される見込みであることが挙げられる。 日本を代表する空飛ぶクルマ開発企業である株式会社SkyDrive(本社:愛知県豊田市/代表取...

トヨタ、自動運転技術で「車両自ら移動する生産ライン」確立へ

トヨタ自動車が自動運転技術で「製品が自ら動く生産ライン」の実現を目指していることが、2023年12月5日までに分かった。同社の求人情報などから判明した。 求人要項には「自動運転技術で製品が自ら動く生産ラインの実現を目指し、クル...

空飛ぶクルマ、スズキの工場で2024年春から製造開始へ SkyDriveと子...

空飛ぶクルマの開発などを手がける株式会社SkyDrive(本社:愛知県豊田市/代表取締役CEO:福澤知浩)は2023年10月15日までに、自動車メーカー大手のスズキグループの工場を活用し、年間最大100機の空飛ぶクルマの製造が可能に...

スズキの工場、「飛ばない車」も「空飛ぶ車」もダブル製造へ

空飛ぶクルマなどの開発を手がける株式会社SkyDrive(本社:愛知県豊田市/代表取締役CEO:福澤知浩)はこのほど、自動車メーカー大手のスズキと空飛ぶクルマの製造に向けた協力について基本合意書を締結したことを発表した。 Sk...

Apple Car暫定情報(2023年最新版) 自動運転技術に注目

発売時期や製造企業をめぐる報道合戦が今なお続く「Apple Car(アップルカー)」。米アップルがプロジェクト「Titan(タイタン)」のもと開発を進めている自動運転EV(電気自動車)の俗称だ。開発動向の大部分はベールに包まれたまま...

自動運転車「100万円時代」はすぐ!?価格が普及のカギ

自動運転レベル3を世界で初めて搭載したホンダの新型「レジェンド」の価格は、1,100万円だ。レベル3搭載の意義は非常に大きいが、一般庶民にはまだまだ手が届かない価格帯だ。 自動運転機能が搭載された乗用車は、いずれは現在の「普通...

Nuroの自動運転配送ロボ、中国EV大手BYDが製造パートナーに 

自動運転配送ロボットを開発している米シリコンバレーのスタートアップNuroが、中国のEV(電気自動車)大手BYD(比亜迪)と提携していたことが、2022年3月29日までに分かった。この提携により、Nuroの第3世代の自動運転配送ロボ...

経産省、「空飛ぶクルマ」ベンチャーに無人航空機の製造許可

「空飛ぶクルマ」を開発するベンチャー企業のスカイリンクテクノロジーズ株式会社(本社:兵庫県神戸市 /代表:森本修代)は2019年10月5日、経済産業省から無人航空機と航空機の製造の事業許可を取得したと発表した。 スカイリンクテ...

【解説】自動運転解禁への道路交通法と道路運送車両法の改正案の概要

自動運転車の公道走行ルールを盛り込んだ「道路運送車両法の一部を改正する法律案」及び「道路交通法の一部を改正する法律案」が2019年3月8日、閣議決定された。政府は2020年夏ごろまでの施行を念頭に、今国会での成立を目指す構えだ。 ...

ニコン、米Velodyne LiDARに28億円出資 自動運転の「目」に一眼...

株式会社ニコン(本社:東京都港区/社長:牛田一雄)は2018年12月24日までに、「自動運転の目」とも呼ばれるLiDARを開発する米シリコンバレーのVelodyne LiDAR(ベロダイン・ライダー)社に2500万ドル(約28億円)...