自動運転車

自動運転、突風などの「外乱」が起きても安全性維持へ

東北大学の研究グループは2022年6月25日までに、突風などの「外乱」から自動運転車を守ることにつながる技術を開発したと発表した。 報道発表では「自動車が受ける風圧や風向を瞬時に推定する新しい技術」と説明されており、この技術を活用する...

瞬時にデータ無意味化!自動運転車の「盗難対策」で有用

自動運転車や自律走行ロボット、ドローン向けの「秘密分散技術」が開発されている。自動運転車などが盗まれたり通信が途絶えたりした際、搭載されたプログラムの秘密性の確保やデータの保守のため、これらのプログラムやデータを瞬時に無意味化する技...

自動運転の最高時速、欧州で60→130キロに緩和か

UNECE(国連欧州経済委員会)のスポークスマンが、自動運転に関する規制が変わる可能性について言及した。欧州における「特定の交通環境における自動運転」の最高時速が60キロから130キロに引き上げられるという内容だ。 このことに...

地図に表示する「未来情報」、自動運転車と相性抜群なのでは?

自動運転車では運転手が運転から解放され、車内で自由に過ごせるようになる。そのため、今までよりも車内に滞在中の時間を楽しく有意義に過ごせるようなサービスが、今後どんどん開発されるはずだ。 そんな視点を持って読むと注目したくなるプ...

自動運転車の解禁、世界で加速!米当局、ハンドルなし車両を認可へ

米運輸省道路交通安全局(NHTSA)は2022年3月、連邦自動車安全基準(FMVSS)の改訂を見据え、ハンドルやアクセルペダルなどの手動制御装置を備えない自動運転車を対象とした乗員保護安全基準に関する最終規則を公表した。 従来...

エアレスタイヤが配送ロボを「24時間365日働かせます」

自動運転車や自動配送ロボットは、「無人」で走行できることが最大の強みだ。そのため、なるべく人の手によるメンテナンスが必要ないようにすることが、その強みを生かす上で非常に重要なポイントとなる。 こうした視点において、注目したいト...

イーロン・マスク氏「自動運転車が渋滞を狂気的レベルに増幅」

テスラのCEO(最高経営責任者)であるイーロン・マスク氏が、Twitterでまた話題になっている。「自動運転車が渋滞を狂気的レベルに増幅する」とツイートしたからだ。通説では自動運転車は渋滞の緩和に寄与するはずだが、なぜ自動運転車が渋...

自動運転化でなくなる交通違反は?「泥はね運転」は?

「飲酒運転」や「あおり運転」が取り沙汰されることが多くなった昨今の道路交通。注意喚起や厳罰化などでその数自体は減少傾向にあるものの、依然としてなくなる気配はない。 こうした状況に終止符を打つことはできるのか。極論だが、その1つ...

自動運転車に「勝手に稼がせる」6つのアイデア

自動運転開発を手掛けるイスラエルのMobileyeが中国自動車メーカーと手を組み、レベル4自家用車の開発に乗り出した。無人走行が可能な本格的な自動運転をマイカーで味わえる日は、意外と早くやって来るのかもしれない。 こうした自家...

これがトヨタの原動力!有志による「自動運転ミニカーバトル」、2019年から継...

トヨタ自動車の有志団体である「トヨタ技術会」が2019年から「自動運転ミニカーバトル」を開催している。2021年10月には2021年度の本戦が行われた。地味にこの大会は、トヨタの自動運転技術を進化させる原動力の1つになっているのでは...