自動運転レベル5

トヨタの自動運転車事故から「ヒューマンエラー対策」の重要性を考える

東京2020パラリンピックの選手村で運行中のトヨタのMaaS専用次世代EV(電気自動車)「e-Palette(イーパレット)」が、交差点で選手と接触する事故が発生した。自動運転車の事故ということもあり、世間の注目が一気に高まった。 ...

イーロン・マスク氏の口は「災いの元」?米議員「自動運転と誤解」

「口は災いの元」ということわざがある。米EV(電気自動車)大手テスラのイーロン・マスクCEO(最高経営責任者)に、このことわざはピッタリだろうか、それとも当てはまらないだろうか。 少なくともマスク氏のこれまでの大胆な発言は、将...

空も飛べたら「自動運転レベル6」?

日進月歩で開発が進展する自動運転技術。自家用車ではレベル3、移動サービスなどではレベル4技術の社会実装がどんどん進められている。 この自動運転レベルは、米自動車技術会(SAE International)が策定した定義が世界の...

Waymo最大のライバル!?ロシアYandex、自動運転の実力

ロシアのIT大手Yandex(ヤンデックス)の自動運転車が大きな進化を遂げているようだ。累積公道走行距離が1,000万キロを突破するなど、先行する米国・中国勢に引けを取らない実績を誇っている。 日本ではあまり話題に上らないが、...

自動運転業界、NVIDIA DRIVEの採用加速!6年間で80億ドル以上の受...

自動運転業界でNVIDIA製品の採用が相次いでいる。NVIDIAは2021年4月に開催した自社カンファレンス「GTC 2021」で、スウェーデンのボルボ・カーズや米Zoox、中国SAIC(上海汽車集団)が新たにNVIDIA DRIV...

テスラ「FSDは自動運転の能力ない」 カリフォルニア州当局に説明

自動運転技術の開発に力を入れる米EV(電気自動車)大手のテスラが米カリフォルニア州の車両管理局(DMV)に対し、完全自動運転ソフトウェア「FSD」について、現時点では自動運転の能力がない旨を説明していたことが、2021年3月12日ま...

ずらり2ケタ成長!自動運転関連市場の成長率が驚異的

自動運転レベル4による移動サービスやラストワンマイル配送の実用実証が世界で加速している。一般乗用車における自動運転レベル3の市販も間もなく始まる見込みで、自動運転関連市場が本格化の兆しを見せている。 複数年にわたる市場拡大の指標として...

最高時速120km!Amazon傘下Zoox、攻めの自動運転タクシー用車両を...

米Amazon(アマゾン)子会社の自動運転開発企業Zoox(ズークス)は2020年12月18日までに、自社開発したロボタクシー(自動運転タクシー)を発表した。 前後方の区別なく走行可能な車両システムが特徴だが、走行性能などのス...

レベル3は「条件付自動運転車」!国が呼称決定、誤解防止で

国土交通省はこのほど、先進安全自動車(ASV)に関わる主要な技術の概要や自動運転関連用語の概説をはじめ、自動運転レベル3以上の車両の呼称を公表した。 呼称に強制力はないが、誤解や過信を防ぐ上で呼び名の統一は必要不可欠となる。今...

未来のメータークラスターはこう変わる!(深掘り!自動運転×データ 第44回)...

完全自動運転の実現により、ドライバーは自動車の制御や周囲の監視といった運転に必須となる作業から解放される。すべての作業をコンピューターが担うのだ。 こうした変化は、ドライバーの負担を減らすことにとどまらず、車内装備にも大きな変...