自動運転レベル

トヨタ新型プリウス、「自動運転」技術は搭載された?

トヨタは新型「プリウス」を2022年11月16日に世界初公開した。「HEV」(シリーズパラレルハイブリッド車)はこの冬、「PHEV」(ブラグインハイブリッド車)は2023年春ごろに発売予定だという。 この新型プリウスに、自動運...

自動運転はどこまで進んでいる?(2022年最新版)

日進月歩の成長を続ける自動運転業界。日本のホンダが自動運転レベル3の市販車を発売し、アメリカや中国では自動運転タクシーが街中を走行し始めている。こうした状況の中、この記事を読んでいる人の中には、日本そして世界における自動運転技術がど...

自動運転と手動運転の「継ぎ目」をなくす!ハンドル制御で新技術

トヨタグループで自動車部品大手の株式会社ジェイテクト(本社:愛知県刈谷市/取締役社長:佐藤和弘)は2022年10月23日までに、次世代のハンドル制御システム 「Pairdriver(ペアドライバー)」を開発したことを発表した。 ...

夢のよう!自動運転車「保険料ゼロ円!」の衝撃

自家用車に付きものの自動車保険。加入はあくまで任意だが、万が一の備えとして契約する人は多い。 決して負担が軽くない自動車保険だが、そう遠くない将来、オーナーの負担は無料化されるかもしれない。その理由は「自動運転」にある。 ...

自動運転レベルとは?定義・呼称・基準は?(2022年最新版)

自動運転レベルは、運転の主体や自動運転の技術到達度、走行可能エリアなどによって、「レベル0」から「レベル5」の6段階に分類されている。2022年2月現在、レベル3の機能を搭載した市販車の販売はすでに始まっており、レベル4の自動運転シ...

早ければ2040年代に!「手動運転禁止」6つのメリット

現在、世界各国で開発が進められている自動運転車。道路交通の安全性向上や効率化、省人化を大義名分に、今後どんどん社会実装が推し進められていくことが予想される。遠い将来、自動運転車が主流となる社会が訪れることもほぼ間違いないだろう。 ...

自動運転、レベル3とレベル4の違いは?(2022年最新版)

レベル0から5まで6段階に区切られた自動運転レベル。現在、自家用車へのレベル3搭載がスタートしたほか、移動サービスや輸送サービスの用途でレベル4の開発・実用化が進められている。 レベル3は自家用車向け、レベル4はサービス用途向...

自動運転、レベル2とレベル3の違いは?(2022年最新版)

自家用車で普及が進む自動運転レベル2。高度なレベル2はハンズオフ運転が可能となるなど、運転操作に一定のゆとりをもたらす。 一方、一定条件下で自動運転を行うレベル3車両の市場化も進み始めた。現状は高嶺の花的存在だが、技術の高度化...

レベル3以上の自動運転車、2030年に世界で700万台規模

日米欧中を中心に世界中で実用化が進む自動運転。自動運転レベル3(条件付自動運転)や、レベル4(高度自動運転)の実証実験も次々行われている。そして、2030年にはレベル3以上のシステムが搭載された車が世界で700万台になるとの調査結果...

自動運転、レベル4とレベル5の違いは?(2022年最新版)

ドライバーレス走行を実現する自動運転レベル4の実用化が海外で加速している。国内でも車内無人化を実現する技術開発と環境整備が進められており、各地の実証も新たなフェーズを迎えつつある。 現状、「自動運転=レベル4」のイメージが強い...