自動バレーバーキング

自動運転と世界初(2022年最新版)

人の移動や物の移動にイノベーションを起こすと言われる自動運転技術。新たな技術の導入が世界各地で始まり、道路交通に変化を及ぼし始めている。 こうした最先端技術の開発や社会実装に付きものなのが「世界初」の称号だ。この5年、10年で大きく開...

自動運転と「日本初」(2022年最新版)

米国、中国をはじめ、世界各地で自動運転の実証や実用化が盛んに進められている。日本も例外ではなく、この数年間で大きな前進を遂げてきた。 数々の最先端技術の開発・導入が進む自動運転。この記事では、自動運転分野における「日本初」の取...

持ち上げて車両を移動!三菱重工が自動駐車実証

三菱重工業と三菱重工機械システムが、国内の商業施設で初となる実証実験をこのほど開始した。車を持ち上げて無人搬送して駐車する方式の自動バレーパーキングの実証だ。 実証では仏ベンチャー企業のStanley Robotics(スタン...

自動運転と駐車(2022年最新版)

商用車におけるレベル4の実用化が進展する中、一般乗用車におけるレベル4実用化への注目も高まり始めている。ODD(運行設計領域)設定が複雑で、手動運転と両立する必要があるオーナーカーのレベル4はハードルが高いが、すでに実用化域に達し始...

後付けで運転手いらず「レトロフィット自動運転車」の可能性

EV(電気自動車)開発ブームの所以か、従来の自動車を電動化する「コンバートEV」が一部で流行し始めているようだ。エンジン一式を取り除き、代わりに電動機やバッテリーなどを積み込むのだ。後付けでハイブリッド化を図る改造もあるようだ。 ...

ロボットが車を引っ張る!三菱重工、自動バレーパーキング実現へ

三菱重工グループは2021年10月31日までに、自動搬送ロボットを使って自動車の自動バレーパーキングと完成車自動搬送サービスを実現する事業を展開する計画を発表した。事業は仏企業のスタンレーロボティクスと共同で取り組む。 報道発...

自動運転の特許、トヨタが続々出願!件数ベースで世界首位

最新技術やアイデアが次から次へと創出される自動運転分野。特許庁や特許検索・特許分析サービスを手掛けるパテント・インテグレーションによる調査によると、「自動運転」関連の特許出願件数は国内、国外(米国、欧州、中国、韓国)ともトヨタがトッ...

ドイツの「自動運転法」を徹底解説 データは13項目保存を義務化

ドイツ連邦議会は2021年5月、自動運転レベル4を可能とする道路交通法改正法案を下院、上院それぞれで可決した。先進国の中でいち早く法整備を進めた格好だ。 この記事では、いわゆる「自動運転法」と言われるドイツの改正道路交通法の中...

Baiduの自動運転タクシー、3年以内に30都市で展開 リーCEO、年次会議...

中国のネット検索大手Baidu(百度)の創業者かつCEO(最高経営責任者)であるロビン・リー氏は、2021年8月18日に開かれた同社の年次カンファレンス「Baidu World 2021」に登壇した。 ■自動運転タクシー「Luob...

盛り上がる「自動運転車×駐車」!新明和工業が「バック」で成功

輸送用機器製造の新明和工業株式会社(本社:兵庫県宝塚市/取締役社長:五十川龍之)は2021年4月7日までに、本社敷地内で実証実験を行い、業界初となる「二段・多段式」の機械式駐車設備への自動運転車による後退駐車に成功したと発表した。 ...