空港

自動運転、実証実験の結果一覧(2022年最新版)

自動運転技術の実用化に向けた実証が各地で進められている。一部は実用化域に達しつつあり、レベル4法の改正とともに取り組みはますます加速していく見込みだ。 年々進化を遂げている研究開発現場では、どのような成果が上がり、またどのよう...

歩く速度の半分で自動運転!「空港×電動車イス」の相性抜群

電動車いすなどパーソナルモビリティの開発・販売を手がけるWHILL(ウィル)株式会社(本社:東京都品川区/代表取締役社長:杉江理)の「WHILL自動運転サービス」がこのほど、関西国際空港第1ターミナルビルの新国内線エリアで正式に導入...

「空港×自動運転」のこれまでと今後——委員会資料から

空港オペレーションの自動化を目指す「空港制限区域内における自動走行の実現に向けた検討委員会」はこのほど12回目の会合を開き、自動運転実証の結果報告や今後の課題整理などを行った。 空港における自動運転技術は、現在どういった段階に...

自動運転と「日本初」(2022年最新版)

米国、中国をはじめ、世界各地で自動運転の実証や実用化が盛んに進められている。日本も例外ではなく、この数年間で大きな前進を遂げてきた。 数々の最先端技術の開発・導入が進む自動運転。この記事では、自動運転分野における「日本初」の取...

世界初!WHILLの自動運転車いす、エレベーターと連携

WHILL株式会社(本社:東京都品川区/代表取締役社長:杉江理)は2022年7月28日〜8月10日、WHILL自動運転モビリティサービスの新たな試みとして、エレベーターと連携した実証実験を成田空港第2旅客ターミナルで行う。 W...

自動運転と空港(2022年最新版)

自動運転技術の実用化に向けた取り組みが各所で進められているが、開発のメッカの1つに「空港」が挙げられる。人や荷物の移動が多く、制限区域内でさまざまなモビリティが活躍する空港は、自動運転技術導入によるメリットが高いようだ。 この記事では...

訪日旅行解禁!セコムの「新・警備ロボ」、成田空港に投入

警備大手のセコム株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:尾関一郎)は2022年6月13日から、成田国際空港でセキュリティロボット「cocobo(ココボ)」を活用した警備サービスを開始する。 cocoboは、AI(人工知能...

パーク24、空飛ぶクルマの「空港」設置へ 関西で新事業

空飛ぶクルマの「バーティポート」(離発着場)、いわゆる空港的インフラ設備の開発に向け、日本国内外の4社が業務提携の覚書を締結し、タッグを組んだ。 覚書の締結が発表されたのは2022年5月27日。4社は、駐車場最大手のパーク24...

トヨタが資金投下!「自律走行できる車イス」の開発企業に

トヨタ系のWoven Capital(ウーブン・キャピタル)がこのほど、自動運転型の電動クルマ椅子の開発などを手掛けるWHILL株式会社(本社:東京都品川区/代表取締役社長CEO:杉江理)に投資したことが明らかになった。WHILLが...

長崎空港とハウステンボス、「空飛ぶクルマ」で結ぶ構想

長崎空港とハウステンボスを「空飛ぶクルマ」で結ぶ——。長崎県がこんな構想を立てていることが、2022年4月7日までに分かった。 長崎空港とハウステンボスがある地域までは、自動車で移動すると約40キロだが、空を飛ぶ直線ルートだと22キロ...