発売

モービルアイ、「死角×スマートカメラ」で巻き込み事故を防止するADAS発売

米インテル子会社のイスラエル企業モービルアイ社が開発した側方衝突警報システム「モービルアイ・シールドプラス」が、2019年4月10日から日本国内で販売されている。後付けが可能なADAS(先進運転支援システム)で、中・大型車両の死角と...

睡眠状態で角度が変化!日本初の「眠りの自動運転」ベッド登場 セットで43万円...

パラマウントベッド株式会社(本社:東京都江東区/代表取締役社長:木村恭介)は2019年3月18日、人の睡眠の状態に応じてベッドの角度が最適化される「眠りの自動運転」を実現したと発表した。 自動運転といっても自動車の自動...

デンソー、法人向け社有車管理システム「mobi-Crews」の発売開始

株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市/取締役社長:有馬浩二)は2019年1月20日までに、クラウドを活用した法人向け社有車管理システム「フリートオペレーションサービス mobi-Crews」の発売を開始したと発表した。子会社のデンソ...

ヤンマーアグリ、自動運転技術搭載の密苗田植機「YR8Dオート仕様」発表

ヤンマーのグループ会社で農業機械などを扱うヤンマーアグリ株式会社(本社:大阪市北区/代表取締役社長:北岡裕章)は2018年11月29日、自動直進と自動旋回機能を装備したディーゼルエンジン搭載の密苗田植機「YR8Dオート仕様」を、20...

PFU社、自動運転などの新機能実用化支援へ「車載組込みシステム開発用コントロ...

業務用スキャナー大手として知られる株式会社PFU(横浜本社:横浜市西区/代表取締役社長:半田清)は2018年10月10日、AI(人工知能)やIoTなどを活用した自動運転や運転支援の開発が世界的に進んでいることなどを受け、新機能の実用...

三菱電機、自動運転で活躍する3D地図作成の新製品 「MMS-G」を2018年...

三菱電機株式会社(本社:東京都千代田/社長:杉山武史)は2018年10月9日、自動運転で活躍する3次元(3D)地図の作成などで活用される高精度3次元移動計測装置「三菱モービルマッピングシステム(MMS)」の新製品を12月25日に発売...

高い?安い? 1072万円で畑の革命…自動運転トラクターをヤンマ...

農業機械の販売やメンテナンスなどを手掛けるヤンマーアグリ株式会社(本社:大阪府大阪市/代表取締役社長:北岡裕章)は、2018年10月から自動運転トラクターを順次発売すると発表した。経営の大規模化や就農者の減少・高齢化による人手不足と...

世界の自動運転トラック市場を読み解く H&Iグローバルリサーチが調...

グローバル市場調査レポートの販売事業などを手掛けるH&Iグローバルリサーチ株式会社(本社・東京都中央区/代表者・木村哲也)は4月19日、自動運転トラックの世界市場について、自動運転レベルや業種別、国・地域別に調査した資料の取...

移動サービス開発向け、自動運転車をスマホで簡単呼び出し 自動運転技術ベンチャ...

自動運転技術ベンチャーの株式会社ZMP(本社・東京都文京区/代表取締役・谷口恒) は4月26日、スマートフォンを使って自動運転車を呼び出す仕組みを実装したサービスについて、パッケージ販売を開始したことを明らかにした。 今回パッ...