新車

【6月23日最新】クルマのサブスク・リース、14社を徹底比較!料金・口コミ・...

クルマに関する考え方が「所有」から「利用」へと変化しつつある。そんな中、自動車を購入せずに定額で利用するサブスクサービスやリースの人気が急上昇中だ。自動車メーカーなど多数の企業がサービスを展開しているが、取り扱い車種や契約内...

KINTOのメリット・デメリットは?トヨタのサブスク・リース

トヨタやレクサスの車両を定額で利用できるサブスクサービス「KINTO」(キント)。諸費用コミコミで月額1万円台から気軽に新車を利用できることから、利用者が増加中だ。 KINTOでは、クルマのサブスク「KINTO ONE...

ニコノリの「審査」について徹底解説!クルマのサブスク・リース

クルマのサブスク・カーリースで業界最安と言われるのが「ニコノリ」だ。月々5,500円から新車に乗ることができる。 「ニコニコレンタカー」を運営する株式会社MICがサービスを提供しており、お得な月額のほか、最短2週間での...

ADAS/エーダスとは?(2024年最新版) 自動運転レベル1〜2に相当

自動車メーカーから昨今発売される新車には、「自動ブレーキ機能標準装備」や「レーンキープアシスト搭載」といった機能が搭載されているのが珍しくなくなってきた。こうしたドライバーの運転を支援する機能は「ADAS」(エーダス)と呼ばれる。 ...

トヨタ、自動運転車発表は「おあずけ」!ラグジュアリー路線を優先か

トヨタ自動車は2023年9月6日に新型車発表会を行い、ショーファーカー「センチュリー」の新モデルを公開した。これまでセダンタイプのみの設定であったセンチュリーだが、今回発表されたのはSUV(多目的スポーツ車)タイプになる。 期...

2030年、新車の2割が「自動運転車」に!

2030年には新車の2割程度が自動運転車になる——。ある民間調査会社が公表している市場予測をベースに計算すると、こうした将来がみえてくる。 ■「自動運転車」の定義は? 「自動運転車」と一言で言っても、技術レベルなどによって自動運転化の度...

自動ブレーキ搭載義務化、EUだけでも年間1000人の死者減 日本も合意

国連欧州経済委員会(ECE)は2019年2月14日までに、日本や欧州連合(EU)を含む40カ国・地域が衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)の搭載を義務づける規則に合意したと発表した。交通事故の防止や被害の軽減を目指す取り組みで、EU...