技術

VPSとは?自動運転における活用法は?

画像から現在位置を推定する「VPS」技術の活用に注目が集まっている。今のところAR(拡張現実)サービスにおける活用が主戦場となっているが、自車位置を特定する技術として自動運転分野への応用にも期待が高まっているようだ。 この記事...

自動運転関連の法改正・ガイドライン策定の年表

自家用車におけるレベル3が解禁され、限定地域においては自動運転移動サービスもスタートした。技術や実証の高度化に伴い、着々と自動運転の社会実装が進んでいる。 こうした社会実装に明確な根拠をもたらすものが法律だ。一定の規範のもと、...

自動運転、保険や地方創生の側面からも研究!明治大の総合研究所

自動運転の研究開発は民間企業だけで行われているわけではない。日本国内の大学でも盛んに行われるようになってきており、明治大学もその1つだ。 明治大学自動運転社会総合研究所(MIAD)は、自動運転を社会実装化させるため、研究所内に「技術」...

イーロンマスク氏、「空飛ぶクルマへ参入」の現実味

米金融大手のモルガン・スタンレーのアナリストは最新レポートで、米EV(電気自動車)大手テスラのイーロン・マスクCEO(最高経営責任者)が近い将来、空飛ぶクルマ(eVTOL:電動垂直離着陸機)事業に進出するだろう、と予想した。 ...

自動運転技術の「トリプル導入」で空港が近未来化!旅客搭乗橋も新たに

三菱重工グループの三菱重工交通・建設エンジニアリング株式会社(本社:神奈川県横浜市/取締役社長:磯田厚志)は2021年4月30日までに、世界初の完全無人自動運転による「旅客搭乗橋」の実装に向けた共同開発契約を、成田国際空港と締結した...

自動運転に必須の7技術まとめ!位置特定技術、AI技術、予測技術など

日本国内では自動運転レベル3(※国の呼称で言うところの「条件付自動運転 ※限定領域」)が2020年4月に解禁され、2021年3月にはホンダが市販車としてレベル3搭載車も発売した。 そんな自動運転技術の開発で欠かせない先端技術は...

自動運転開発のAurora、止まらない買収攻勢!LiDAR企業をさらに1社吸...

自動運転開発を進める米Aurora Innovation(オーロラ・イノベーション)が新たなLiDAR企業の買収を発表した。2019年に買収したBlackmoreに続き、5D LiDARの開発を進めるOURS Technologyの...

自動運転とは?技術や開発企業、法律など徹底まとめ!

自動運転タクシーの商用サービス提供がアメリカで既に始まり、セーフティドライバーすら乗らないスタイルでの運行も、すでに珍しくない状況となっている。日本国内においても技術開発の高度化とともに法整備も進み、2020年4月には自動運転レベル...

注目のテクノロジー、「自動運転技術」が3位に!コロナ禍で注目度向上

世界最大の技術専門家組織「IEEE(アイ・トリプルイー)」は、日本全国の会社員男女330人を対象にした「注目のテクノロジー」についてのアンケート調査を実施し、2021年2月17日までにその結果を発表した。調査は2020年12月にイン...

帝人、豪企業と自動運転対応の「足回り」を開発!「Blanc Robot」とは...

帝人株式会社(本社:大阪府大阪市/代表取締役社長:鈴木純)は2021年2月12日までに、低速電気自動車(LSEV)の軽量化に向けた開発パートナーの豪Applied EVと共同で、自動運転への対応が可能な多目的プラットフォーム「Bla...