宅配 に関する記事

自動運転普及は人の移動(車)よりモノの移動(配送ロボ)から、その理由は?

自動運転技術を活用した移動サービスは、大きく二つに分けることができる。「人の移動」と「モノの移動」だ。これらのサービスの実現においては共通する部分も多いが、技術要件の違いなどから全く異なった性質も見え隠れする。 また、それぞれ...

自動運転ベンチャーZMP、韓国初の宅配ロボット実証動画を公開

自動運転ベンチャーの株式会社ZMP(本社:東京都文京区/代表取締役社長:谷口恒)は2019年4月、韓国で初となる屋外ロボットの実証実験を実施し、その動画を8月30日に公開した。 この実証実験は韓国のフードデリバリーアプリ最大手Woow...

【全3回特集・目次】自動運転が巻き起こす小売革命

労働力不足や薄利化…。小売業界の配送部門では近年業者を悩ます課題が少なくない。そんな業界の救世主ともなりえる技術が「自動運転」だ。配送手段の無人化が達成できれば、労働力不足や薄利化の悩みから事業者は解放される。 「自動運転が巻...

「五輪までに自動運転実現」 ZMP社長を突き動かす総理との約束

自動運転開発ベンチャーとして、ここまで多くのプロダクトとサービスを販売・提供している企業はほかに無い。ZMP社だ。しかも「モノの移動」「人の移動」の両方で自動運転技術の実用化に取り組んでいる。 2019年7月に開催した看板イベ...

アメリカにおける「自動運転×配達」の実証実験・テストまとめ

自動運転技術の商業的実用化において、タクシーとともに注目が集まる宅配事業。小型・大型タイプなどの開発と実証が日々進められている状況だ。特にスタートアップがひしめく米国では、大手小売りや飲食チェーンなどのデリバリー需要と合わせてさまざ...

ソフトバンクG、インドネシアに5年間で20億ドル投資 出資先のライドシェア大...

ソフトバンクグループ(SBG)は今後5年間で、インドネシアで20億ドル(約2160億円)規模を投資する。報道などによれば、孫正義会長がインドネシアを訪れて同国のジョコ・ウィドド大統領と会談し、その意向を伝えたようだ。 投資は、...

自動運転車による無人宅配サービス、実現までの8つのシナリオ

海外では、米国のStarship Technologies(スターシップ・テクノロジーズ)が実用化をはじめ、中国の京東集団や独Deutsche Post AGなどが実証実験を進めている自動運転車を使った宅配サービス。米自動車メーカー...

米ウーバー、マックのハンバーガー配達にドローン使う実証実験 ラストワンマイル...

ライドシェア大手の米ウーバー・テクノロジーズが展開する料理宅配サービス「ウーバーイーツ」において、マクドナルドのハンバーガーの配達の一部をドローンが担うという実証実験が2019年6月13日までに始まった。 最終的にはウーバーイ...

配達先は自動車の中!米国で謎サービス…鍵はどうするの?

自動車を「宅配BOX」化させるとも言える新たな配達サービスが最近アメリカで始まり、注目を集めている。一体どのようなサービスなのか。 このサービスは、米自動車メーカーのGMやフォードのコネクテッドカー(つながるクルマ)が米アマゾ...

ラストワンマイルとヤマト運輸、向かう方向性は? 新たな物流の仕組み導入?

ラストワンマイル問題に直面する物流業界。改革待ったなしの状況下、国内宅配大手のヤマト運輸(本社:東京都中央区/社長:長尾裕)はこの問題にどのように立ち向かっているのか。 ヤマト運輸の取り組みを例に、ラストワンマイル問題の解決策...