宅配

MaaSとは?定義や意味は?2021年も各地で実証実験

「MaaS」という単語を耳にする機会がここ数年で随分と増えた。交通業界にイノベーションを起こすと言われているMaaS。実証実験が国や自治体、民間企業などによって盛んに行われるようになり、2021年に入ってもその勢いは止まらない。 ...

新規参入相次ぐ!自動配送ロボット、国内プレーヤーの最新動向まとめ

自動運転可能な宅配ロボットの早期実用化に向け公道実証環境が2020年に整い、開発や実証に向けた取り組みが大きく加速している。これまで一部企業にとどまっていた取り組みは裾野を広げ、大手電機メーカーや自動車メーカーらも本格参入に向けた動...

自動運転宅配、NuroとFedExが提携!小包配送の試験開始 無人配送車「R...

自動運転技術を活用した無人配送車の開発を手掛ける米Nuro(ニューロ)は2021年6月23日までに、物流大手の米FedEx(フェデックス)と提携し、小包配送の試験を開始したことを発表した。 FedExとの配送試験では、Nuro...

将来必ず自動運転車の側面に「ディスプレイ」が配置される理由

デリバリー用の自動運転車両を開発する米スタートアップのNuroは2021年4月28日までに、ピザ宅配大手のドミノ・ピザと提携し、同社の「R2」を使ってテキサス州ヒューストンの顧客にピザを届ける取り組みを開始すると発表した。 この取り組...

「小ロット短納期」商品宅配、自動運転時代を待たずに実現へ注力!

自動配送ロボットを活用した無人宅配サービスの実現に向け、各地で実証が加速している。宅配ロボットが自動で商品を運ぶ時代に向け、カウントダウンが始まった印象だ。 一方、こうしたサービスの全国的な普及には、まだある程度の時間を要する...

自動運転の移動サービスサポート「あいおい vs SOMPO」の構図が鮮明に

あいおいニッセイ同和損保(以下あいおい)とMS&ADインターリスク総研が、福井県吉田郡永平寺町でスタートした遠隔型無人自動運転移動サービスにおいて自動車保険を提供し、自動運転移動サービスの実現を後押ししている。 損害保...

ビジョンファンド、注目の投資先は!?(ソフトバンク×自動運転・MaaS 特集...

2021年3月期第3四半期の連結業績において、当期純利益として3兆552億円(前年同期4,766億円)を計上したソフトバンクグループ。WeWork問題に揺れた前年同期から見事なV字回復を遂げている。 こうした数字をけん引するの...

MaaS実証加速、自治体との連携も(ソフトバンク×自動運転・MaaS 特集)...

自動運転をはじめとする次世代技術に注目し、モビリティ分野への進出を積極的に図っているソフトバンクグループ。モビリティサービスの実装や出資などを通じて同分野における影響力を高めている印象だ。 モビリティサービス関連では、世界的潮...

自動配送ロボの公道走行解禁、ECとFMSの連携が今後の鍵に!

実用化に向けた機運が高まる自動走行ロボット。自動運転技術によって無人でラストワンマイル配送を担う宅配ロボットの実証や実運用など、社会実装に向けた取り組みが大きく加速している。 政府が2020年12月に閣議決定した「国民の命と暮...

普及間近!?「自動運転×宅配」、最近の潮流を考察

EC大手の楽天と西友、神奈川県横須賀市は、2021年3月から4月にかけて公道を走行する自動配送ロボットによる商品配送サービスを実施する。宅配ロボットが公道を走行し、不特定多数の住民に対しサービスを提供するのは国内初となる。 宅...