台湾

鴻海系MIH、自動運転レベル2〜4対応のEVコンセプトカーを発表

世界規模での展開を掲げるEV開発プラットフォーム「MIHコンソーシアム」は2023年10月25日、自動運転レベル2〜4にカスタマイズ可能なEV(電気自動車)コンセプトカー「Project X」を発表した。 Project Xは...

米NVIDIAと台湾Foxconn、自動運転向け「AI専用データセンター」を...

米半導体大手NVIDIAと電子機器メーカーである台湾Foxconn(フォックスコン/鴻海科技集団)が、スマートカーの開発・量産化に向け新たなデータセンター「AIファクトリー」の構築を進めていくと発表した。 「インテリジェントソ...

自動運転、アジアの最新事情(2023年最新版)

世界各地で実用化に向けた取り組みが進む自動運転技術。アジアでは、中国を筆頭に開発が加速し、技術水準は先行する米国に肩を並べる域に達している。 この記事では、日本を含むアジア各国の取り組み状況について解説していく。 ...

世界最強の自動運転連合に!台湾MIH、加盟2,600社突破

台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業傘下の富士康科技集団(Foxconn=フォックスコン)が展開する世界最大級のEV(電気自動車)開発コンソーシアム「MIH」が、その規模をさらに拡大している。 近々の発表では、参画メンバーが2,60...

自動運転、日本勢の新興ティアフォーとNVIDIAに接近の兆し

米半導体大手NVIDIAと台湾のFoxconnが、自動運転開発に向けパートナーシップを結んだ。NVIDIAの高性能SoC(システムオンチップ)を搭載したECU(電子制御ユニット)をFoxconnが製造し、Foxconnが製造するEV...

2022年「MaaS」10大ニュース!海外展開に向けた動きも

国内各地で実証・実装が進むMaaS(Mobility as a Service)。先行地域においてはサービスそのものは一定程度定着し、次のフェーズへ向かう段階に差し掛かってきているようだ。 2022年中は、各地でどのようなMa...

ANAのUniversal MaaS、台湾へ「輸出」 覚書を締結

全日本空輸株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:井上慎一)=ANA=は2022年6月2日までに、台湾の交通部運輸研究所と高雄市交通局と、MaaS分野における連携検討を行うことを目的として、覚書を締結した。 覚書の締結は、...

New Yorkの自動運転実証、一番乗りはインテル傘下Mobileye!

インテル傘下のイスラエル企業Mobileye(モービルアイ)は2021年7月22日までに、米ニューヨークで自動運転の実証実験を実施する計画を発表した。ニューヨークでこれまで自動運転実証を実施した企業はなく、実施されれば一番乗りとなる見込みだ...

中国・百度、自動運転EV量産で4700億円の巨額収益!?オープンソースのアポ...

中国IT大手の百度(バイドゥ)が、遅くとも2024年までに自動運転車を量産する予定であることを明かした。 ロビン・リーCEOが香港経済日報のインタビューに答えたもので、浙江吉利控股集団(Geely/ジーリー)と設立した合弁「集...

台湾VIA、自動運転技術の革新へ中国最大のバス会社とタッグ

台湾の半導体メーカーであるVIA Technologiesは2021年1月22日までに、中国最大のバス車両メーカーである金龍客車と戦略的パートナーシップ契約を締結したことを発表した。 報道発表では「次世代モビリティアプリケーシ...