公共交通

MaaS、2020年の業界展望を大予測!アプリ次々と実用実証へ、Whimも日...

世界的に加速するMaaS(Mobility as a Service/移動のサービス化)構築に向けた動きは、日本も例外ではない。クルマ社会と呼ばれて久しいが、鉄道やバス、タクシーをはじめとした交通機関とともに移動サービス全般の在り方...

時短ニーズは?利用者の不満は?「自動運転×ニュータウン」で課題など紹介

国土交通省都市局は2019年11月6日までに、「都市交通における自動運転技術の活用方策に関する検討会」のニュータウン分科会からの報告資料を公表した。 公表した資料では、2018年2月に東京都多摩市と兵庫県三木市で約1週間かけて...

三井住友海上、「AI最適運行・自動配車サービス」の実証に参画

三井住友海上火災保険株式会社(本社:東京都千代田区/取締役社長:原典之)は2019年11月5日までに、長野県伊那市における「AI最適運行・自動配車サービス(ドアツードア乗合タクシー)」の実証運行に参画することを発表した。 この...

視野にあるのは万博——関西MaaS検討会、鉄道会社の枠を超え

さまざまな交通手段を統合したサービスを誕生させる——。そんな理念の下でサービス開発が積極的に進められている領域がある。「MaaS」だ。 このMaaSのサービスでは、鉄道やバス、タクシー、レンタカー、カーシェアなどのさまざまな移...

JR九州と西鉄、MaaSアプリ提供へ?MoU締結、交通サービスで連携

ともに福岡県福岡市に本社を置く鉄道会社の九州旅客鉄道(JR九州)と西日本鉄道(西鉄)は2019年10月25日までに、輸送サービスにおける連携に関する覚書(MoU)を締結したと発表した。 まずMaaS(Mobility as a...

東京・立川でMaaS実証!小田急とJR東日本、ヴァル研究所がタッグ

小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:星野晃司)と東日本旅客鉄道株式会社(本社:東京都渋谷区 /代表取締役社長:深澤祐二)=JR東日本=は2019年10月15日までに、全国の公共交通機関データを基にサービス展開している株式...

「AI運行バス」とは?将来は自動運転化も?NTTドコモが商標登録

株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:吉澤和弘)が商標登録している「AI運行バス」。2017年から株式会社未来シェアと共同開発を始め、2019年4月からは法人向けの提供をスタートした。 このAI運行バスは...

ラスベガス空港「UBERすぐ乗れます!」専用乗り場に喜びの声

米ライドシェア最大手ウーバー・テクノロジーズ(Uber Technologies)と準大手リフト(Lyft)のサービスは、アメリカ国内では既にこんなにも「市民権」を得ている——。こうしたことを改めて思わせるニュースが飛び込んできた。...

飛行機もバスも!シンガポールから奈良、MaaSアプリでカモン!

飛行機を含むさまざまな交通機関を一元化し、シンガポールから奈良までを結ぶ「観光型MaaS」の実証実験が、2019年10月1日から12月末にかけて実施される。 飛行機とリムジンバス、奈良市を周遊するバス、タクシーなどの交通機関をスマート...

日本初!大型バスの営業走行で自動運転 無人化の潮流、国内外で

神奈川県横浜市と相鉄バス株式会社(本社:横浜市)と群馬大学の3者は2019年8月27日までに、自動運転技術による持続可能なモビリティサービスの実現を目指し、「路線バス自動運転プロジェクト」を立ち上げることを発表した。 プロジェ...