仮想空間

米ミシガン大が「Mcity 2.0」!自動運転試験用に仮想空間

米ミシガン大学の「Mcity」は、自動運転車をテストできる施設として注目を集めてきた。そんなMcityが新たなプロジェクトに乗り出す。仮想空間上で実世界のデータセットを具現化し、全米の研究者がそのデータセットにアクセスできるようにす...

自動運転の重要シナリオ、網羅的に自動生成!NTTデータ子会社がソフトリリース...

自動運転技術は仮想空間で進化している。テストコースを含めた実際の道路で実証実験を行うよりも、効率良く、かつ安全にさまざまなシチュエーションをテストできるからだ。もちろん現実世界での実証も必須だが、仮想空間でのテストは今後も並行して続...

親和性抜群!自動運転×デジタルツイン、仮想の現実世界で自由に実証

近年、IoT技術の進化によってさまざまな分野でデジタルツインへの注目が高まっている。自動運転分野も例外ではなく、むしろ親和性が高いため研究開発にデジタルツインを活用する場面が増えているようだ。 この記事では、デジタルツ...

韓国MORAI、仮想空間に20以上の実在都市を再現!自動運転テスト向け

自動運転システムの仮想テストソリューションを開発する韓国のスタートアップMORAIが、シリーズBの資金調達ラウンドで2,080万ドル(約24億円)を得た。2022年2月11日までに発表した。MORAIの累計調達額は2,490万ドル(...

ウェイモ自動運転車、公道で2000万、仮想で数百億マイル

自動運転車には走行試験は必須だ。自動運転システムやAI(人工知能)にさまざまなシーンを体験させ、人間によるシステムの改変や学習によるAIの能力向上に取り組んでいく必要があるからだ。そのためどれだけ公道で実証を行ったかは、その企業の技...

自動運転システムの評価機関、エヌビディアの仮想空間シミュレーターでテスト実施...

米半導体大手エヌビディアの自動運転シミュレーションプラットフォーム「NVIDIA DRIVE Constellation」が、自動運転システムの「仮想試験場」として注目を集めている。 ドイツに拠点を置く第三者認証機関「テュフズ...

現実×仮想…トヨタ、米で自動運転の公道実験再開 シミュレーター開...

トヨタ自動車がアメリカでの自動運転車の公道走行実験をミシガン州とカリフォルニア州で再開していたことが、2018年6月25日までに明らかになった。トヨタは2018年3月に米ライドシェア大手ウーバー・テクノロジーズの自動運転車両がアリゾ...