仮想空間

ウェイモ自動運転車、公道で2000万、仮想で数百億マイル

自動運転車には走行試験は必須だ。自動運転システムやAI(人工知能)にさまざまなシーンを体験させ、人間によるシステムの改変や学習によるAIの能力向上に取り組んでいく必要があるからだ。そのためどれだけ公道で実証を行ったかは、その企業の技...

自動運転システムの評価機関、エヌビディアの仮想空間シミュレーターでテスト実施...

米半導体大手エヌビディアの自動運転シミュレーションプラットフォーム「NVIDIA DRIVE Constellation」が、自動運転システムの「仮想試験場」として注目を集めている。 ドイツに拠点を置く第三者認証機関「テュフズ...

現実×仮想…トヨタ、米で自動運転の公道実験再開 シミュレーター開...

トヨタ自動車がアメリカでの自動運転車の公道走行実験をミシガン州とカリフォルニア州で再開していたことが、2018年6月25日までに明らかになった。トヨタは2018年3月に米ライドシェア大手ウーバー・テクノロジーズの自動運転車両がアリゾ...