レクサス

【2024年2月最新】KINTO(キント)とは?トヨタのサブスク、料金や対応...

トヨタとレクサスの車両を定額で利用できるサブスクサービスである「KINTO」。諸費用コミコミで月額1万円台から新車に乗ることが可能で、自動車を買わずに初期費用を抑えて利用できる手軽さから、KINTOの人気は急上昇中だ。 ...

レクサスと自動運転(2023年最新版)

トヨタは高級車ブランド「レクサス」において高度な運転支援機能を展開している。「Lexus Safety System +」には、プリクラッシュセーフティや緊急時操舵支援といったさまざまな機能が含まれ、将来的にレクサスに自動運転機能を...

トヨタ出資先の自動運転AI、中国の「カオスな道路」ゆえの驚異的進化

トヨタはこのほど、オウンドメディア「トヨタイムズ」で中国における最新の自動運転事情を紹介した。トヨタと提携する自動運転開発企業Pony.aiが登場し、その走行能力をお披露目している。 今まで提携内容をほぼ明らかにしてこなかった...

トヨタ「50%はサービス収益」あり得る未来

世界新車販売台数で3年連続首位となったトヨタ。2022年はトヨタ・レクサスが約957万台、ダイハツ・日野を含めると1,048万台の販売実績となった。業界が軒並み部品不足に悩まされる中、しっかりとシェアを確保した格好だ。 ただ、...

トヨタのレクサス新型「RX」、自動運転機能の搭載有無は?

トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」において、ラグジュアリークロスオーバーSUV新型「RX」がこのほど発表された。人間中心の考え方に基づいた最新の予防安全機能やマルチメディアシステム、コネクティッドサービスが搭載されたモデルとな...

トヨタLEXUSの新型「UX」、自動運転は可能?

トヨタ・レクサスは2022年7月、新型「UX250h/200」を発売した。新型UXは、レクサスがクルマづくりにおいて大切にしている「Always On」の考えのもと、ボディ剛性を強化し、上質さとダイレクト感やレスポンスを追求した「奥...

トヨタ、一部車種で車外画像データを収集 自動運転技術で活用

自動運転開発に欠かせない車載センサーデータの収集に、トヨタも本腰を入れ始めたようだ。高度なADAS(先進運転支援システム)を搭載したオーナーカーを対象に、車外画像データを収集する取り組みを進めている。 この記事では、トヨタによ...

トヨタの自動運転レベル2、利用可能な道路の調べ方

トヨタは現在、「自動運転レベル2」(条件付き運転自動化)に相当するシステムとして「Advanced Drive」を提供している。 Advanced Driveは、「LEXUS-LS」やFCEV(燃料電池自動車)の「MIRAI(...

自動運転車の「ベース車両」、トヨタ車が続々採用されている理由

自動運転配送ロボットの開発を手掛ける米Nuroが、セブンイレブンの米国法人と新たな取り組みに着手した。カリフォルニア州初となる商用自動運転配送サービスを開始したのだ。サービス展開にあたり、まずプリウスを改造した自動運転車両で実用実証を積み重...

レクサスがアメリカで自動運転タクシーに!活躍の場が拡大中

トヨタの高級車ブランド「レクサス」を改造した自動運転車が、アメリカで活躍の場を広げている。2021年6月からインディアナ州中心部で無料の自動運転タクシーとして運行が行われ、12月20日からは同州フィッシャーズ市での運行も始まる。 ...