レクサス

KINTOのメリット・デメリットは?トヨタのサブスク・リース

トヨタやレクサスの車両を定額で利用できるサブスクサービス「KINTO」(キント)。諸費用コミコミで月額1万円台から気軽に新車を利用できることから、利用者が増加中だ。 KINTOでは、クルマのサブスク「KINTO ONE...

KINTOで「レクサス」に乗る!月額価格・納期は?トヨタのサブスク・リース

「KINTO(キント)」は、クルマにまつわる費用が全て込みの月々定額で利用できるサブスクリプションサービスだ。気軽にクルマに乗ることができるため、着実に利用者数を増やしている。 トヨタグループの株式会社KINTOが運営...

【2024/6最新】KINTO(キント)とは?トヨタのサブスク、月額料金・対...

トヨタやレクサスの車両を定額で利用できるサブスクサービス「KINTO」(キント)。諸費用コミコミで月額1万円台から新車に乗ることが可能で、自動車を買わずに初期費用を抑えて利用できる手軽さから、KINTOの人気は急上昇中だ。最...

【2024/6最新】トヨタKINTOの取り扱い車種一覧!月額価格は?車のサブ...

トヨタ系のクルマのサブスク「KINTO(キント)」は、クルマにまつわる費用が全てコミコミ定額のサービスだ。車両代や登録費用はもちろん、税金や保険、車検、メンテナンス代、修理代、消耗品などが全て月々の支払い料金に含まれている。...

【2024年3月の自動運転ラボ10大ニュース】アップルが自動運転開発を断念

海外では、アップルがついに自動運転開発を断念するという衝撃のニュースが飛び交った。スマートモビリティを一から開発するのは、天下のアップルでも簡単なことではなかったようだ。 一方、国内ではライドシェア関連の話題や自動配送ロボット...

レクサスと自動運転(2023年最新版)

トヨタは高級車ブランド「レクサス」において高度な運転支援機能を展開している。「Lexus Safety System +」には、プリクラッシュセーフティや緊急時操舵支援といったさまざまな機能が含まれ、将来的にレクサスに自動運転機能を...

トヨタ出資先の自動運転AI、中国の「カオスな道路」ゆえの驚異的進化

トヨタはこのほど、オウンドメディア「トヨタイムズ」で中国における最新の自動運転事情を紹介した。トヨタと提携する自動運転開発企業Pony.aiが登場し、その走行能力をお披露目している。 今まで提携内容をほぼ明らかにしてこなかった...

トヨタ「50%はサービス収益」あり得る未来

世界新車販売台数で3年連続首位となったトヨタ。2022年はトヨタ・レクサスが約957万台、ダイハツ・日野を含めると1,048万台の販売実績となった。業界が軒並み部品不足に悩まされる中、しっかりとシェアを確保した格好だ。 ただ、...

トヨタのレクサス新型「RX」、自動運転機能の搭載有無は?

トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」において、ラグジュアリークロスオーバーSUV新型「RX」がこのほど発表された。人間中心の考え方に基づいた最新の予防安全機能やマルチメディアシステム、コネクティッドサービスが搭載されたモデルとな...

トヨタLEXUSの新型「UX」、自動運転は可能?

トヨタ・レクサスは2022年7月、新型「UX250h/200」を発売した。新型UXは、レクサスがクルマづくりにおいて大切にしている「Always On」の考えのもと、ボディ剛性を強化し、上質さとダイレクト感やレスポンスを追求した「奥...