ドライバー

日産スカイラインの自動運転技術を徹底解説

「待たせたね。こいつが未来だ」――日産のブランドアンバサダーを務める矢沢永吉氏の渋いセリフで始まるCMが印象的な新型スカイライン。市販されている国産車の中では最高峰となるADAS(先進運転支援システム)「ProPILOT2.0(プロ...

自動運転技術(レベル3以上)の搭載車両は?

2020年にも解禁が見込まれる自動運転レベル3。ODD(運行設計領域)において自動運転を可能にするもので、レベル2以下のADAS(先進運転支援システム)と明確に区別され、満を持して自動運転を味わうことができるのだ。 各社の開発...

ついにフロントガラスにナビ情報!ジェスチャーで操作可能 米セレンス、AI自動...

次世代自動車向けソフトウェアを開発する米Cerence(セレンス)が2020年1月7〜10日に掛けて米ラスベガスで開催された技術見本市「CES 2020」で披露した技術が興味深い。フロントガラスを丸ごとディスプレイ化し、しかもタッチ...

AI自動運転時代は車のサンバイザーも進化!サイヤ人の「スカウター」的になる!...

ドイツ自動車部品大手ボッシュが液晶ディスプレイとカメラで構成された革新的なサンバイザー「バーチャルバイザー」をCES 2020で発表した。自動車の誕生以来、長らく大きな進化のなかったサンバイザーにも次世代技術が搭載される時代がやって...

ホンダが発売予定の「自動運転レベル3」、法改正でどう解禁される?

ホンダが2020年夏ごろをめどに、自動運転レベル3搭載車種を発売することが大々的に報じられた。自動運転にリアリティを感じられる人はまだ多くないが、自家用車への搭載が始まることで理解や認知度は加速度的に高まっていくことになるだろう。 ...

完全自動運転の積極層は「高級アイスクリーム」がお好き 未来のカーライフ調査

いま世界中で自動運転技術の開発が競うように行なわれている。そんな中、調査会社の株式会社インテージ(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:檜垣歩)が、完全自動運転の実現によって変化するドライバーの姿と求められるクルマへのニーズについて...

ラストワンマイルのドライバーをサポート!人手不足で激務化、育成事業も

「ラストワンマイル」で搬送を頑張るドライバーたちをサポート・育成しようと、一般社団法人ラストワンマイルドライバーズ(本社:福岡県福岡市:会長:古森敬三)が設立され、このほど業務を開始した。 物流業界は人手不足が深刻化している。...

Uber登場でタクシーの年間乗車回数が70万回減ったカナダの街

カナダのオンタリオ州南西部の都市ウォータールーで、異変が起きている。ウォータールーの人口は約10万人。この規模の街で、3年間でタクシー年間乗車回数が70万回近く減ったという。カナダの国内メディアが報じた。 2015年には年間の...

自動運転レベル3開発でも有用!運転手の「反応性」を可視化する技術

企業向けシステム開発事業などを手掛ける株式会社Ubicomホールディングス(本社:東京都文京区/代表取締役社長:青木正之)は2019年7月31日までに、自動運転ベンチャーZMPが開催したイベント「ZMP World 2019」におい...

自動車が将来「寝室化」する3つの理由 自動運転、カーシェアの普及、車中泊サー...

食事、仕事、娯楽、睡眠——。現代社会の中で人間が生活するうえで欠かせないものだが、近い将来、こうした活動のすべてを車内で行うことができるようになるかもしれない。そう、完全自動運転車の実現だ。 車内は従来の「乗る」空間から「くつ...