ドバイ

ドバイ市、自動運転タクシー実現へ街中を3Dマップ化

アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ市当局はこのほど、ドライバーレスの自動運転サービスの社会実装に向けたデータ基盤を整備するため、デジタルマッピングプロジェクトを開始した。 デジタルマッピングに際しては、「Google Mapカ...

自動運転、中東の最新事情(2022年最新版)

産油国のイメージがいまだ根強い中東だが、石油依存からの脱却を目指す動きも顕著で、取り組みの一環としてスマートシティ化を図る国も続々と登場している。 その中で、新たな産業創出と課題解決を図るべく自動運転技術の導入を目指す取り組み...

GM傘下Cruise、自動運転タクシー「2030年に100万台」

米GM傘下CruiseのKyle Vogt最高経営責任者(CEO)は2022年3月13日までに、自動運転タクシーの車両数を2030年までに100万台まで増やす目標を明らかにした。米モルガン・スタンレー主催のカンファレンスで語った。 ...

Waymoはローカル、Cruiseはグローバル!自動運転タクシー戦略が対象的...

米Google系Waymo(ウェイモ)が世界で初めて自動運転タクシーの商用サービスをスタートしたのは2018年12月だった。その後、Waymoのアメリカ以外への進出の話は聞かないが、一方で米GM傘下のCruise(クルーズ)はグロー...

準備着々!自動運転の「Cruiseタクシー」、ドバイで2023年から運行

ドバイでの自動運転タクシーサービスの展開に向け、2022年内にデジタルマップの試験運用が開始されることが2022年2月18日までに明らかになった。使用する車両は、GM傘下の自動運転開発企業Cruiseのオリジナル車両「Origin」...

Mobileye(モービルアイ)の自動運転戦略(2022年最新版)

ADAS(先進運転支援システム)市場を席巻し、自動運転分野でも年々存在感を高めているイスラエル企業のMobileye(モービルアイ)。特にインテルの子会社となってから自動運転分野における取り組みを加速しており、サプライヤーとしての地...

「ロシアのGoogle」Yandex、自動運転配送ロボを中東で展開へ

ロシアのIT大手で「ロシアのGoogle」とも呼ばれるYandex(ヤンデックス)。同社が開発する自動運転搬送ロボットが、アラブ首長国連邦のドバイの特定エリアに住む住民に対し、小売店の商品を届け始めることになりそうだ。 現地メ...

ドバイ、2023年に自動運転車を公道解禁 無人タクシー展開へルール策定

アラブ首長国連邦(UAE)のドバイが来年2022年にも、自動運転車の公道走行を解禁するルールを策定し終える計画であることが明らかになった。ドバイ道路交通局の幹部が報道機関の取材に対し、2021年10月28日までに明らかにした。 ...

トヨタが攻めに転じた?自動運転関連ニュース、2021年10月の記事まとめ

2021年10月――秋が深まる季節を迎えたが、自動運転業界ではまだまだ春が続いている。国内ではトヨタが依然元気で、新規事業に向けた意欲が求人情報からも読み取れる。グループ企業による買収も盛んに行われているようだ。 一方、海外で...

自動運転技術、「輸出」競争に火蓋!豪州へドバイへ、出遅れは命取り

オーストラリアのニューサウスウェールズ州交通局(TfNSW)は2021年10月27日までに、無人運転の自動運転タクシーを州内で運行させるため、韓国ヒュンダイと米Aptivの合弁企業であるMotionalとパートナーシップ契約を結んだ...