トヨタ(Toyota)

トヨタの自動運転戦略については「トヨタの自動運転戦略」から最新情報を確認することが可能です。

トヨタ、コネクテッドカー販売の世界シェア首位!CASE領域で存在感

テクノロジー・メディア・通信業界に特化した国際的な調査会社であるCounterpoint Technology Market Research(カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチ)はこのほど、コネクテッドカーに関...

完全自動運転のトヨタ車、インドで目撃か モディ政権と対立も

インドで完全自動運転かもしれないトヨタ車が目撃される──。現地メディアなどの報道によれば、「自動運転の目」と呼ばれるLiDARセンサーを搭載したトヨタのクロスオーバーSUV「RAV4」が、インド国内で8番目に人口が多いプネーの公道を...

トヨタの中古車サブスク、全国展開へ号砲!?KINTOが発表、3都県に拡大

トヨタが中古車サブスクサービスとして展開している「KINTO ONE 中古車」の対象エリアが拡大した。これまでは東京都と愛知県のみの展開だったが、新たに長野県が加わった。住んでいる場所と車両を使う場所が長野県であることなどが...

【2024年2月最新】KINTO(キント)とは?トヨタのサブスク、料金・対応...

トヨタとレクサスの車両を定額で利用できるサブスクサービスである「KINTO」。諸費用コミコミで月額1万円台から新車に乗ることが可能で、自動車を買わずに初期費用を抑えて利用できる手軽さから、KINTOの人気は急上昇中だ。 ...

【2024年2月の自動運転ラボ10大ニュース】トヨタがついに自動運転サービス...

国内ではライドシェアをめぐる議論が過熱の一途をたどっている。徐々に議論の中身が明らかになり始めており、今後数カ月間は目を離せない状況となりそうだ。自動運転関連では、大本命のトヨタに動きがあったようだ。 2024年2月の10大ニ...

トヨタも参入?ライドシェア解禁の「ビッグウェーブ」に乗る企業は?

新たなマーケットへの参入は、早ければ早いほど先行者利益を得やすい。そのためには、市場の形成期に事業をスタートさせることが非常に重要になり、もっと言えば、新たな有望市場が形成され始めた兆候をしっかりとキャッチできなければならな...

KINTOで「プリウス」に乗る!価格・納期は?トヨタのサブスク

クルマのサブスクリプションサービス「KINTO(キント)」は、保険や税金、車検、メンテナンスなどクルマにかかる費用がコミコミで月々定額で利用できる。 利用者数が年々着実に増加しているKINTOだが、人気の「プリウス」に...

LiDAR(ライダー)とは?(2024年最新版)自動運転向けセンサー

自動運転技術の進展とともに、「自動運転の目」と呼ばれるLiDARの需要が急拡大している。市場調査会社の矢野経済研究所は、LiDARやレーザーの市場規模が2017年の約25億円から2030年には約4,959億円まで約200倍に膨らむと...

やはりトヨタが大本命!ついに「自動運転レベル4」、お台場で展開か

トヨタが自動運転サービス実現に向け大きく動き出したようだ。報道によると、東京都内のお台場エリアで2024年7月にもサービス実証に着手するという。自動車業界ではホンダが自動運転タクシー実装計画を具体化しているが、いよいよ業界のドンも本...

トヨタの純利益4兆円、「自動運転時代」に向けたグループ解体・再編の原資に?

トヨタ自動車は、2024年3月期第3四半期決算を発表した。4~12月の3四半期における営業利益は4兆2,402億円となり、過去最高を記録した。通期見通しでは、ダイハツの出荷停止を受け前回の見通しから販売台数の減少を予想しているものの...