ディープラーニング

遂に出揃ったAmazonとAlibabaの宅配ロボ!勝つのはどちら?ともに自...

中国・アリババグループでクラウドコンピューティングやAI開発・サービスなどを手掛けるアリババクラウドは2020年9月、年次イベント「Apsara Conference 2020」で自律走行が可能な配送ロボット「小蛮驢(シャオマンリュ...

東芝の社内表彰「田中久重賞」、今年は自動運転関連!画像認識AIプロセッサーを...

株式会社東芝(本社:東京都港区/代表執行役社長:綱川智)が公式サイト内で、今年の社内表彰「田中久重賞」の対象者が、車載向け画像認識AIプロセッサー「Visconti」の開発に携わった技術者2人になったことに触れている。 田中久...

トヨタ「LQ」を徹底解説!自動運転時代の愛車に

2年に1度開催される国内最大の自動車見本市「東京モーターショー2019」の会期が迫り、各社の出展内容が徐々に明らかになってきた。 注目のトヨタ自動車は2019年10月11日、最新の自動運転コンセプトカー「LQ」の出展を発表した...

半導体大手ルネサス、ADAS向けスマートカメラ用の物体認識ソリューションを提...

半導体大手のルネサスエレクトロニクス株式会社(本社:東京都江東区/代表取締役社長:柴田英利)は2019年9月26日、ディープラーニング(深層学習)を活用して物体認識を行うADAS(先進運転支援システム)向け車載スマートカメラ用ソリュ...

深層学習、1つの「目」で正確な距離予測を可能に 自動運転で活用

自動運転の実現に必要不可欠な、歩行者やほかの車両などの物体との距離を認識する技術について、米半導体大手のNVIDIA(エヌビディア)が公式ブログでこのほど取り組みを発表した。 その取り組みとは、1台のカメラで撮影する2次元画像から、3...

自動運転やMaaSやCASE関連のおすすめ解説本10選

最新の情報が次々と飛び交う自動運転分野。最先端の技術がどんどん上書きされ、ネット上では誤った情報も含めさまざまな情報が生み出されては消化されていく。情報の更新頻度が非常に高いのだ。 そんな時代だからこそ、たまには書籍などの紙媒...

中国スタートアップ、自動運転の「脳」完成へ1000億円資金調達 レベル4の搭...

中国の2016年9月創業の自動運転スタートアップのMomenta(本社:中国・北京市/最高経営責任者:シュートン・カオ)は2018年10月18日、投資家や政府系基金団体から10億ドル(約1150億円)を資金調達したと発表した。 ...

自動運転実現で「深層学習」が鍵を握るワケ 基礎知識や活用シーンを解説

自動運転の開発・実現に欠かせない最重要要素を調べると、必ずといって良いほどAI(人工知能)が登場する。人間の脳の役割を果たすことから至極当然の結果といえるが、AIとともに深層学習(ディープラーニング)という言葉もたびたび目にする。 ...

仏ヴァレオ、車両前方の障害物を透かせてその先を見せる技術を公開へ CEATE...

前方の車両を透かせ、その先にいる人や物体をドライバーに見せる技術が確立され、話題を呼んでいる。フランスに本社を置く自動車部品サプライヤーのヴァレオは2018年9月27日までに、2018年10月16〜19日まで幕張メッセにて開催される...

自動運転にAI(人工知能)は必要?倫理観問う「トロッコ問題」って何?

自動運転の根幹を成すともいわれるAI(人工知能)。トヨタをはじめとする大手自動車メーカーや米NVIDIA (エヌビディア)社などの半導体メーカー、米Google(グーグル)系のWaymo(ウェイモ)など、世界の既存大手企業からスター...