テスト

nommoc、東京で「無料タクシー」βテストのモニター募集!

2018年4月に福岡市で設立された株式会社nommoc(代表取締役:吉田拓巳)は2019年8月22日、無料タクシーサービスの提供スタートを控え、東京エリアでβテストを実施することを発表した。βテストに参加するテストユーザーの募集も行...

日本は出遅れ気味?中国、山間部の高速道を自動運転テスト向けに

中国東部・山東省の山間部にある高速道路が、自動運転技術をテストするための区間として、中国当局から指定を受けていることが分かった。South China Morning Postが報じた。 区間の全長は26キロとされ、トンネル3...

新たな自動運転開発支援サービスを発表!ZMPとデジタルハーツHDの合弁会社Z...

自動運転ベンチャーの株式会社ZMP(本社:東京都文京区/代表取締役社長:谷口恒)は2019年7月23日から26日の4日間、東京・飯田橋で「ZMP World2019」を開催した。「R&D(研究開発)から量産化へ」をテーマに掲...

自動運転の実証実験をトータルサポート!「縁の下の力持ち」のエイジェックマーケ...

自動運転分野では世界中の企業が開発競争にしのぎを削り、実用化を目指して多くの実証実験が行われている。国内では自動運転レベル3(部分運転自動化)を解禁する道路交通法の改正案が国会で成立し、政府が主導する実証実験も盛んだ。 このよ...

中国で26キロも続く「特設ハイウェイ」、自動運転テスト用に

中国東部の山東省で、既存の高速道路を使った自動運転車向けのテストコースの準備が進んでいる。2019年9月にも完成し、中国の自動車メーカーや自動運転システムの開発会社による利用が始まるものとみられる。ブルームバーグが報じた。 政...

自動車セキュリティに従事する人々、84%が「自社は対策不足」と回答

半導体やセキュリティソフトウェアの設計・製造などを手掛ける米シノプシスは2019年2月25日までに、航空宇宙や自動車などの開発に従事する技術者などで構成される国際的な非営利団体SAEとともに、「最先端の自動車セキュリティ:自動車業界...

トヨタのアメリカ子会社TRI、新型の自動運転実験車「TRI-P4」公開へ

トヨタ自動車の研究子会社である米トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)は2019年1月3日、米ラスベガスで開催される世界最大級の家電見本市「CES」において、新型の自動運転実験車両「TRI-P4」を展示すると発表した。 ...

大和自動車交通、日本総研の自動運転移動サービス実証実験に参画

タクシー会社の大和自動車交通株式会社(本社:東京都江東区/代表取締役社長:前島忻治)は2018年12月16日までに、日本総合研究所主催の「まちなか自動移動サービス事業構想コンソーシアム」が実施する住宅地での自動運転移動サービスの実証...

2019年度に自動運転乗合サービス 大阪府河内長野市で実証実験、受容性は?

自動運転車は既に遠い未来の話ではない。私達の身近に登場する日がすぐそこまで迫っている。各地で実証実験なども行われる中、少しずつ試乗などを通じて自動運転車の持つ可能性を知った人が増え始めている。 大阪府河内長野市の住民たちも、も...

AI自動運転の実証実験向けに歩行者専用道路を提供 埼玉高速鉄道、企業や団体に...

埼玉高速鉄道株式会社(本社:埼玉県さいたま市/代表取締役社長:荻野洋)は8月17日までに報道発表を行い、埼玉スタジアム線「浦和美園駅」に隣接した浦和美園歩行者専用道路を自動運転実証実験の場として企業や団体に提供することを発表した。 ...