タクシー

免許返納問題、自動運転タクシーが課題を解消

高齢になると認知能力や判断能力が低下するのは仕方がないことだ。高齢になった自分が事故を起こさないよう、免許返納の決断をする人も増えてきた。一方、免許返納に消極的な人もいる。 さまざまな事情で免許を返納しにくい人がいるのも分かる...

自動運転車に「勝手に稼がせる」6つのアイデア

自動運転開発を手掛けるイスラエルのMobileyeが中国自動車メーカーと手を組み、レベル4自家用車の開発に乗り出した。無人走行が可能な本格的な自動運転をマイカーで味わえる日は、意外と早くやって来るのかもしれない。 こうした自家...

ちょいのりサブスク!月額5,000円で「運転手付きの車」をシェア

「自分達の思い通りに動く運転手付きの車」を地域で共有するモデルの公共交通が、愛知県名古屋市でこのほどスタートした。「mobi」という名称のシェアサービスで、コミュニティの住民がお金を出しあい、定額で半径2キロ以内を移動できるようにす...

「完全無人」自動運転タクシー、Lyftがラスベガスで2023年から展開へ

米ライドシェア準大手のLyft(リフト)が、セーフティドライバーを乗せない完全自動運転の移動サービスつまり「自動運転タクシー」を、2023年までにラスベガスで開始する計画のようだ。 韓国ヒュンダイと米Aptivのジョイントベン...

事前マッチングの「タクシー相乗り」解禁!距離に応じた運賃負担を想定

配車アプリなどを通じたタクシーの相乗りサービスが、2021年11月1日に解禁された。目的地の近い利用者同士を運送開始前にマッチングさせ、相乗りさせることが可能となった。運賃の按分(あんぶん)ルールの例も国土交通省によって示された。 ...

イーロンマスクを挑発!テスラ元社員「ロボタクシー10年かかる」 ルーシッドC...

新興EV(電気自動車)メーカーである米ルーシッドモーターズのピーター・ローリンソン最高経営責任者(CEO)は、このほどアメリカ国内で開催された自動車イベントで、自動運転タクシーが道路に配備されるまで10年かかる、と強調した。 ...

CASE時代のサービス、自動車OEM・ベンチャーの事例を解説!今後の展開例も...

コネクテッド、自動運転、シェアリング・サービス、電動化の波が押し寄せている自動車業界。いわゆる「CASE」時代の到来だ。さまざまな技術が開発から実用化段階に達し始め、多くの業種を巻き込みながら社会実装が推し進められている。 そ...

自動運転タクシー、現時点で世界で「617台」 米企業調査

2021年の自動運転タクシーの市場規模は「617台」——。こうした興味深いデータが掲載されている市場調査レポートが、2021年9月30日までに発売開始された。 この市場調査レポートは、米コンサルティング企業のMarketsan...

内容は三者三様!国交省「日本版MaaS推進事業」で12事業選定

国土交通省は2021年9月1日までに、2021年度の「日本版MaaS推進・支援事業」として12事業を選定したことを発表した。 内閣府・総務省・経済産業省・国交省が連携した「スマートシティ関連事業」の一事業として6〜7月に公募し、「スマ...

【独占インタビュー】新時代は「サービスを運ぶ」!MONET Technolo...

トヨタとソフトバンクの共同出資会社として2019年2月に事業を開始し、2年半が経過したMONET Technologies株式会社(モネ・テクノロジーズ)。独自に立ち上げた企業横断型のコンソーシアムにはすでに600社以上が加盟し、モ...