センサー に関する記事

自動運転配送ロボを開発中のHakobot、アドバイザーのホリエモンこと堀江貴...

ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏がアドバイザーとして参画する株式会社Hakobot(本社:宮崎県宮崎市/代表取締役:鶴田真也)が、Googleの元技術者が創業したアメリカのスタートアップ企業ニューロ(Nuro)に勝負を挑む。 ...

【最新版】自動運転の最重要コアセンサーまとめ LiDAR、ミリ波レーダ、カメ...

自動運転車や先進運転支援システム(ADAS)などでは、高精度カメラや光の先進技術を活用したレーザレーダであるLIDAR(ライダー)などのセンサーを活用し、車両周辺の環境を認識する。AI(人工知能)が自動運転車の「脳」なら、自動運転車...

自動運転エンジニア人材の求人増 2018年下半期の転職市場 AIやセンサー含...

自動運転開発を手掛ける自動車メーカーや部品企業が、IT系エンジニア・モノづくり系エンジニアの採用を活発化させており、求人数も好調な状態が続いている。人工知能(AI)や画像認識、位置特定、深層学習、機械学習などの技術も自動運転車の開発...

自動運転車の市場規模、2030年までの予測まとめ LiDARなどのセンサー、...

自動車業界に革命を起こすと言われる次世代技術「自動運転」。既に日本を含む各国では公道での実証実験も行われており、一部では限定されたエリアでの導入も進んでいる。国単位での法整備も進み、実用化に向けた環境整備も整ってきた。 また自...

トヨタ第二の創業(3)新生トヨタで「つながる車」 AIで提携網拡大 トヨタ自...

100年に1度の大変革期を迎えているトヨタ自動車。連載1回目は豊田章男社長の戦略に重点を置き、連載2回目では戦略の重点要素であるTPS(トヨタ生産方式)や研究開発について掲載してきた。これらを踏まえ、連載3回目では自動運転に関する近...

トヨタ第二の創業(1)第11代社長、豊田章男62歳と夢の自動運転 トヨタ自動...

「100年に1度の大変革期を勝ち抜く」―—。トヨタ自動車の2018年3月期決算発表の場で、豊田章男社長が力を込めた。章男社長が言う変革期とは何か。トヨタはこの100年に1度の戦いをどのように戦い抜くのか。 ■塗り替えられる自動車史...

【各社戦略まとめ】自動運転農業機械に秘めた可能性 スマート農業市場、2025...

ロボット技術やICTなどの先端技術を活用したスマート農業。自動運転技術や位置情報システムの高度化とともに市場規模の拡大が予想されており、富士経済の調査によると、自動運転農機や生産・販売システムなどを含むスマート農業関連市場は、202...

日産が自動運転エンジニア募集 脳機能をヒントにしたDNN技術で転職案件 最新...

日産自動車がDNN(ディープニューラルネットワーク)技術を適用した自動運転向けアルゴリズムエンジニアを募集している。右肩上がりの自動運転分野の開発に大手企業の正社員として携わるチャンスだ。 ニューラルネットワークは脳機能にみら...

【インタビュー】「自動運転実証実験の総合プロデューサー」に フィールドオート...

大学発ベンチャーとして株式会社フィールドオート(本社:埼玉県深谷市/社長:渡部大志)を2018年6月に設立し、私立大学としては国内初の自動運転の実証実験に関する産学連携事業を始動させた埼玉工業大学。同社の創業社長に就任して事業の舵取...

埼玉工業大、自動運転実証実験の走行範囲拡大 実験期間も延長、さらなる技術向上...

自動運転の実証実験に取り組む埼玉工業大学(本部:埼玉県深谷市/学長:内山俊一)は2018年9月1日から、公道での実験車両の走行範囲を拡大する。実証実験の実施期間も当初計画から1年延長し、自動運転技術の向上をより一層進める。埼玉工業大...