セカンダリアクティビティ

「ブレインオフ」とは?自動運転レベル4に相当(2024年最新版)

自家用車におけるADAS(先進運転支援システム)機能の1つとして、手放し運転を可能にする「ハンズオフ」が浸透し始めてきた。また、このハンズオフ技術をいっそう進化させ、よそ見が可能になる「アイズオフ」も市場化を始めている。 この...

自動運転、レベル3とレベル4の違いは?(2024年最新版)

レベル0から5まで6段階に区切られた自動運転レベル。現在、自家用車へのレベル3搭載がスタートしたほか、移動サービスや輸送サービスの用途でレベル4の開発・実用化が進められている。 レベル3は自家用車向け、レベル4はサービス用途向...

自動運転、レベル2とレベル3の違いは?(2024年最新版)

自家用車で普及が進む「自動運転レベル2」。高度なレベル2はハンズオフ運転が可能となるなど、運転操作に一定のゆとりをもたらす。 一方、一定条件下で自動運転を行うレベル3車両の市場化も進み始めた。現状は高嶺の花的存在だが、技術の高...

自動運転の「セカンダリアクティビティ」とは?(2024年最新版)

日本で自動運転レベル3(条件付き運転自動化)が解禁され、世間で「自動運転」への関心はより一層高まった。ホンダがレベル3の市販車を2021年3月に発売し、自動運転への注目度はますます高まっている。 レベル3の段階ではまだ運転手は...

自動運転レベル3でできることは?(2024年最新版)スマホ・飲酒・睡眠は可能...

ホンダ「LEGEND(レジェンド)」を皮切りに自動運転レベル3搭載車種が増加の様相を呈している。メルセデスがホンダに続き、BMWも2024年3月からレベル3機能を一部車種にオプションで搭載することを発表した。 自家用車における...

自動運転とは?(2024年版) レベル別の実用化・開発状況・業界動向まとめ

日進月歩の成長を続ける自動運転業界。日本のホンダが自動運転レベル3の市販車を発売し、メルセデスもレベル3機能の提供をスタートさせた。アメリカや中国ではレベル4の自動運転タクシーが街中を走行し始めている。 こうした状況の...

自動運転レベル4でできることは?(2022年最新版)

運転操作におけるドライバーの負担を軽減するADAS(先進運転支援システム)。技術が高度化すると自動運転となり、システムがドライバーの役割そのものを担うことが可能になる。 システムが運転操作を代替する自動運転中、ドライバーは運転...

早ければ2040年代に!「手動運転禁止」6つのメリット

現在、世界各国で開発が進められている自動運転車。道路交通の安全性向上や効率化、省人化を大義名分に、今後どんどん社会実装が推し進められていくことが予想される。遠い将来、自動運転車が主流となる社会が訪れることもほぼ間違いないだろう。 ...

自動運転中、運転手ができること(2023年最新版)

ドライバーレス走行を可能にする自動運転レベル4(高度運転自動化)。従来自動車に付きものだった運転手は必要なくなり、タクシーやバス、トラックなどの商用車から運転手が姿を消すことになる。また、コンシューマー向けの自家用車へのレベ...

ホンダが自動運転レベル3車両を3月5日発売!新型「LEGEND」がデビュー

本田技研工業株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:八郷隆弘)=ホンダ=は2021年3月4日、日本で昨年解禁された「自動運転レベル3」の技術を搭載する新型「LEGEND(レジェンド)」を5日に発売すると発表した。 ホンダは...