サービス

日本でもASEANでも使えるMaaSサービス開発!WILLER、ベトナムで合...

高速バス大手のWILLER株式会社(本社:大阪府大阪市/代表取締役:村瀨茂高)とベトナムのVTI Joint Stock Companyは、MaaSアプリ開発を目的としたジョイントベンチャー「WILLER VTI Company」を...

MaaSビジネス最新動向!将来の有望市場における収益機会とは?

日本国内をはじめ、世界各地でMaaS(Mobility as a Service)を推進する取り組みが加速している。従来、独立運営していた自動車や鉄道、バス、タクシーといった各交通手段を、地域性を考慮しながら統合していく概念だ。 ...

【自動運転ラボ白書】必読!「トヨタの自動運転戦略 全解説」

世界の自動車販売において、独VWグループやルノー・日産・三菱アライアンスと首位を争うトヨタ自動車。リーディングカンパニーの1社として長年業界をけん引してきた実績は、確かな信頼や技術力を築き上げてきた。 同社のブランドは今後も揺...

米Waymoの自動運転タクシー、「Add a stop」機能追加!利便性が向...

Google系Waymoと言えば、2018年12月に世界で初めて自動運転タクシーの商用サービスを開始した企業として知られ、2019年12月からはセーフティドライバーすら乗せない「完全無人」でのサービスも一部で提供し始めるなど、どんど...

次の注目は「自動運転レベル4」の実現時期!レベル3からさらに進化

ホンダは2021年3月5日、世界初となる自動運転レベル3技術を搭載した新型レジェンドを発売した。自動運転時代の幕開けだ。条件付きではあるものの、自動運転技術をついに一般ドライバーが手にする時代が訪れたのだ。 自動運転業界にとっ...

【資料解説】自動走行ビジネス検討会、新設WGの取り組みは?

自動走行ビジネス検討会は2021年3月15日までに、「自動走行の実現及び普及に向けた取組報告と方針」のVersion5.0の概要案を公表した。この資料では、2020年度に新設された「サービスカー協調WG」と「次期プロジェクトWG」に...

自動運転サービスの事業化、一気通貫で支援(特集:マクニカのスマートモビリティ...

自動運転車を活用した移動サービスなどを実際に展開するためには、当然ではあるが「安全運行」や「安定走行」の実現が求められる。ただそれだけではない。安全に走行できても赤字運営では事業は継続できない。国や自治体との折衝も必要となってくる。...

一般も参加可能!第1回CASE技術基礎講座で要素技術を学ぼう

公益社団法人「自動車技術会」は2021年3月25〜26日に、「第1回CASE技術基礎講座」をオンライン開催し、CASE技術や自動化のインパクトなどについての解説を行う。 CASEは「Connected(コネクテッド)」「Aut...

汎用「自動運転向けシャーシ」を使えば、オリジナル車両の展開が容易に

オープンソースの自動運転シャーシプラットフォームの開発を手掛ける中国系スタートアップのPIX MOVINGがこのほど、プレシリーズAラウンドで数億円の資金調達を行ったようだ。日経新聞系のメディアが報じている。 同社が開発を進め...

「ノーコード」で乗車券をデジタル化!MaaSを加速させる「RYDE PASS...

さまざまな乗り物の乗車券をデジタル化するプラットフォームが続々とリリースされている。アプリ上でMaaSサービスを利用する上で、乗車券がデジタル化されていることは非常に重要だ。 こうした状況の中、RYDE株式会社(本社:東京都渋...