サービス

自動運転求人、前月比25.8%減の1万4,011件 2024年6月調査

日本唯一の自動運転専門ニュースメディアである「自動運転ラボ」(運営:株式会社ストロボ)は、主要6転職サイトにおける2024年6月末時点の「自動運転」関連求人案件数と「MaaS」関連求人案件数をそれぞれまとめた。 ■自動運転...

トヨタWoven City、「発明家」を募集!自ら考えたテーマを実証可能

いよいよこの夏に第1期の建物が完成予定であるトヨタの実証都市「Woven City(ウーブン・シティ)」。2025年から一部実証がスタートする計画で、まずは約360人が居住する予定となっている。 ますます注目を集めているWov...

自動運転バスが「1,000便無事故無違反」達成!ティアフォーが発表

自動運転スタートアップである株式会社ティアフォー(本社:愛知県名古屋市/代表取締役社長:加藤真平)は2024年6月12日までに、同社が運行している石川県の自動運転バスが定常運行1,000便無事故無違反を達成したことを、公式SNSアカ...

【2024/6最新】KINTO FACTORY(キントファクトリー)とは?ト...

トヨタ自動車とKINTOが開始したオーナーカー向けの新サービス「KINTO FACTORY」(キントファクトリー)が注目を集めている。ハードウェア・ソフトウェア問わず購入後のマイカーを進化させるサービスで、対象車種やエリア、...

Googleの自動運転タクシー、すでに「週5万回規模」運行 3都市での実績値...

米Google系の自動運転開発企業であるWaymo(ウェイモ)は2024年5月17日までに、同社のドライバーレスの自動運転タクシーが、サンフランシスコなどの3つの都市において毎週5万件以上の有償走行を行っていることを発表した。1分間...

モビリティサービスの事例・種類(2024年最新版)

移動や輸送の変革期を迎え、多様化が進むモビリティサービス。モビリティそのものの種類が増し、付随するサービスもIoTやAI(人工知能)技術の進化を背景に多様化が進んでいる。 この記事では最新情報をもとに、モビリティサービスをあら...

自動運転の難易度、要件・技術レベル別に徹底解説(2024年最新版)

市販車の自動運転レベル3(条件付き運転自動化)に続き、バス・シャトルでの適用を想定した自動運転レベル4(高度運転自動化)も解禁された。日本はすでに自動運転元年をすでに迎え、商用展開・実用化のフェーズに突入したと言えよう。 今後...

クルマのサブスクと購入、どっちが得?徹底検証

クルマは「所有から利用へ」がトレンドになっている現在、多数の企業がクルマのサブスクリプションサービスに参入している。それでは、サブスクと購入では、どちらがお得なのだろうか。 具体的なサブスクサービスの費用と、車両を購入...

ライドシェア、解禁5年でオワコン化か 安価な自動運転タクシーの普及で

ライドシェア解禁をめぐる議論が熱を帯びている。タクシー事業者の介在なく一般ドライバーが移動サービスを提供できるようにすべきか否か……が主な争点で、この論点の決着は長期化する恐れもある。 その動向に注目したいところだが、長い目で...

タクシー会社限定ライドシェア、UberとDiDi「裏方役」で苦渋の参入

2024年4月からライドシェアがタクシー会社に限定して解禁される。タクシー会社以外はサービスを展開できない形で、ライドシェアの世界的大手企業であるUberやDiDiを実質的に締め出すような解禁と言える。 そんな中、UberとD...