サブスク

MaaSの課題・問題点は?(2022年最新版)

移動に利便性をもたらすMaaS(Mobility as a Service)関連の取り組みが各地で進められている。国内全エリアを網羅するところまで普及するかは不明だが、もはや特段珍しい存在ではなくなった印象だ。 近い将来、移動...

トヨタ系KINTO、売上3倍で100億円台に!第4期決算

トヨタ子会社としてクルマのサブスクサービスを展開する株式会社KINTO(本社:愛知県名古屋市/代表取締役社長:小寺信也)の第4期決算(2021年4月〜2022年3月)が、このほど官報に掲載された。 売上高は前期の32億9,60...

トヨタの先鋭部隊!次世代モビリティサービスに挑む組織は?

自動運転をはじめとする次世代モビリティ開発や次世代モビリティサービスの実装に本腰を入れるトヨタグループ。「e-Palette(イー・パレット)」に代表される自動運転モビリティサービス車両の開発や、MaaSアプリ「my route(マ...

まさかe-Paletteを使った自動運転サービス!?トヨタKINTOの気にな...

トヨタ自動車のサブスクリプションサービスと言えば「KINTO」(キント)だ。そんな同サービスを手掛けるトヨタ子会社の株式会社KINTO(本社:愛知県名古屋市/代表取締役社長:小寺信也)が現在、「新規事業」の企画の担当者を募集している...

家族3人で利用なら1人月2,000円!「エリア定額乗り放題」展開のCommu...

Community Mobility株式会社(本社:東京都目黒区/代表取締役社長:村瀨茂高)がこのほど事業を開始した。高速バス大手のWILLERと通信大手のKDDIが設立した合弁会社で、エリア定額乗り放題「mobi」を提供する。これ...

テスラに追随!トヨタ、車載ソフトウェアをサブスク展開へ

トヨタ自動車は2022年2月3日までに、「KINTO FACTORY」という新サービスの提供を開始したことを発表した。 乗っているクルマを最新の状態に「進化」させるサービスで、「アップグレード」「リフォーム」「パーソナライズ」...

テスラFSD、「購入型」は何年目で「サブスク型」よりお得に?自動運転機能を将...

米EV(電気自動車)大手テスラのイーロン・マスクCEO(最高経営責任者)が、同社の「FSD(Full Self-Driving)」オプションを1万2,000ドル(約137万円)に値上げするとTwitterでつぶやいた。1万ドル(約1...

ちょいのりサブスク!月額5,000円で「運転手付きの車」をシェア

「自分達の思い通りに動く運転手付きの車」を地域で共有するモデルの公共交通が、愛知県名古屋市でこのほどスタートした。「mobi」という名称のシェアサービスで、コミュニティの住民がお金を出しあい、定額で半径2キロ以内を移動できるようにす...

KINTOを徹底解説!トヨタのサブスク、コミコミ定額で利用可能

自家用車の所有方法を変えるサブスクリプションサービスが徐々に浸透し始めているようだ。従来から存在するカーリースの一形態として自動車メーカーや中古車販売事業者などが続々と導入を図っている。 2019年にサブスク「KINTO ON...

CASE時代のサービス、自動車OEM・ベンチャーの事例を解説!今後の展開例も...

コネクテッド、自動運転、シェアリング・サービス、電動化の波が押し寄せている自動車業界。いわゆる「CASE」時代の到来だ。さまざまな技術が開発から実用化段階に達し始め、多くの業種を巻き込みながら社会実装が推し進められている。 そ...