アジア

LiDARをトヨタへ?Innovizが「アジアの車会社」と大型契約

LiDAR開発を手掛けるイスラエル企業Innoviz Technologiesはこのほど、アジアが拠点の大手自動車メーカーから、量産乗用車向けLiDARセンサーの直接サプライヤーとして選ばれたことを発表した。 ■契約相手は...

自動運転、盛り返す韓国勢

最近、自動運転業界で韓国勢の存在感が高まりつつある。 韓国最大手の自動車メーカーである現代自動車(ヒョンデ)や、自動運転技術を開発するスタートアップの42dot、ADAS向けの画像処理AI技術を展開するStradVision(...

自動運転、アジアの最新事情(2022年最新版)

世界各地で実用化に向けた取り組みが進む自動運転技術。アジアでは、中国を筆頭に開発が加速し、技術水準は先行する米国に肩を並べる域に達している。 この記事では、アジア各国の取り組み状況について解説していく。 ■日本 レ...

アフターサービスの職種も!自動運転&MaaS、気になる求人4選【2021年1...

自動運転やMaaSなど次世代技術や次世代サービスの事業は増えており、有望市場として注目されている。人員強化に向けた採用活動に力を入れる企業も多い。 自動運転ラボ恒例の「気になる求人」記事の2021年10月版では、各社が公開して...

New Yorkの自動運転実証、一番乗りはインテル傘下Mobileye!

インテル傘下のイスラエル企業Mobileye(モービルアイ)は2021年7月22日までに、米ニューヨークで自動運転の実証実験を実施する計画を発表した。ニューヨークでこれまで自動運転実証を実施した企業はなく、実施されれば一番乗りとなる見込みだ...

自動運転を導入する未来都市、国内外の巨大プロジェクトまとめ

中国のネットサービス大手テンセントがこのほど、深センの埋め立て地を活用した未来都市を建設する計画を明らかにした。米メディアのCNNなどが報じている。 自動運転ラボは2019年12月、テンセントが深センの土地を購入したという報道...

日本の近隣国、MaaSの進み具合は?台湾とシンガポールの事例

日本国内でも盛んに取り組まれつつあるMaaS。近隣のアジア各地でも同様の取り組みは広がっている。とくに台湾・高雄市やシンガポールはMaaS導入に積極的な印象だ。 今回は経済産業省が発表している資料から、台湾・高雄市、シンガポー...

次世代物流市場、2025年に3.8兆円 自動運転やIoT、AIなど活用

株式会社富士経済(本社:東京都中央区/社長:清口正夫)は、ロボティクス、IoT、AI(人工知能)などを活用した物流システム・物流サービスの市場について調査し、2019年1月31日までにその結果を発表した。 それによると、自動運...

日本は置き去りのライドシェア世界市場、2025年に20兆円超え

2025年にライドシェア市場は世界で2180億ドル(約24兆円)まで拡大する——。 リサーチ事業を手掛けるリサーチステーション合同会社(本社:東京都渋谷区)は2019年1月10日までに、米ウーバーなどが牽引するライドシェア市場...

豊田通商、準天頂衛星システム「みちびき」を活用した自動運転の実証実験

豊田通商株式会社(本社:愛知県名古屋市/社長・CEO:貸谷伊知郎)は2018年12月10日までに、日本版GPS(全地球測位システム)とも呼ばれる準天頂衛星システム(QZSS)「みちびき」を活用した自動運転の実証実験を、オーストラリアのメルボ...