StartUp

自動運転業界で躍進するスタートアップやベンチャー企業に関するニュースを掲載しています。大手企業による買収やファンドからの出資、スタートアップ企業の経営者に焦点を当てた記事も。情報提供やご意見・ご感想は【問い合わせフォーム】からお寄せ下さい。

トヨタ退職後に起業…先進モビリティと豊田通商の自動運転追従トラッ...

トヨタグループの総合商社である豊田通商株式会社(本社:名古屋市中村区/代表取締役会長:加留部淳、代表取締役社長:貸谷伊知郎)は2018年6月28日、茨城県つくば市の産業技術総合研究所テストコースで有人のトラックを無人の自動運転ト...

米スーパー大手クローガー、自動運転車で無人宅配へ 元Google技術者のスタ...

大手スーパーマーケットが無人配達の仕組みを導入するのは世界で初めてかもしれない。米スーパー大手クローガーが2018年7月2日までに、自動運転車を活用したユーザー向けの無人配達サービスを開始する予定であることを明らかにした。 導...

トヨタも出資…短距離走行で自動運転バス実現 米スタートアップMa...

米ミシガン州のデトロイトで2018年6月、新たな自動運転EV(電気自動車)バスが運行を開始した。2017年に立ち上がったばかりのスタートアップ企業「May Mobility(メイ・モビリティ)」によるシャトルバスで、同社はバスの量産...

悲報…東工大終了のお知らせ AI・自動運転で薄れる存在感 名大が...

自動運転や人工知能(AI)の研究に力を入れる大学が増えているが、工業系大学として日本ナンバーワンと言われる東京工業大学は、この分野のニュースを目にすることは少なく、存在感が薄く感じる。一方で、自動車産業が盛んな愛知県に目を向けると、...

続・神童CEOの快挙 LiDAR企業ルミナー、トヨタに続きボルボと取引

神童と謳われた23歳オースティン・ラッセル氏が最高経営責任者(CEO)を務める米スタートアップ企業のルミナー・テクノロジーズ(Luminar Technologies)が、スウェーデンの自動車メーカー大手ボルボとの取引を開始すること...

立体認識技術者、創業2年で6億円調達 自動運転向けステレオカメラ開発

高性能なステレオカメラの開発とライセンス販売を手がけるITD lab株式会社 (本社:神奈川県横浜市/代表取締役:実吉敬二、小倉明宏)は2018年6月15日、第三者割当増資により総額4億8000万円の資金調達を実施したと発表した。2...

盛岡AIベンチャー、画像認識で世界2位 「手が汚れるほどコーディング」で自動...

米Googleや中国AI(人工知能)開発企業のMalongなどがパートナーとなっているAI国際コンペティション「iMaterialist」が2018年5月に開催され、岩手県盛岡市に本社を置く株式会社サイバーコア(代表取締役:阿部英志...

トヨタも愛した23歳の神童CEOの正体 自動運転の目「LiDAR」と米ルミナ...

自動運転業界では、スタートアップ企業による技術革新が目覚ましい。そんなスタートアップ企業の中で現在ひときわ注目を集めているのが、車両の周辺環境を検知する高精度センサーLiDAR(ライダー)の独自開発を進める米ルミナ―・テクノロジーズ...

名古屋大界隈、AIや自動運転で日本最強説 スタートアップ続々

自動運転に関する技術が名古屋大学界隈で急成長を遂げ、テック系大学としてその認知度を急速に高めている。 ■物流AIスタートアップのオプティマインド社 名古屋大学発祥の物流AI(人工知能)のスタートアップ企業である株式会社オプティマ...

自動運転ベンチャーのティアフォー、10億円規模をトヨタ参加ファンドから獲得

トヨタ自動車や三井住友銀行が出資し、独立系資産運用会社であるスパークス・グループ株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:阿部修平)が運営する「未来創生ファンド」は、自動運転技術の開発スタートアップ企業である株式会社ティアフォー(...