デンマークMiRの「人協調型自動運転ロボット」、日本で販売開始

IDECファクトリーソリューションズが代理店に





IDECファクトリーソリューションズ(本社:愛知県一宮市/代表取締役:武仲清貴)は2019年9月10日までに、「人協調型自律移動ロボット」(AMR)製造大手のデンマーク企業MiR社と販売代理店契約を結び、MiR社製品の販売を日本で開始したと発表した。

AMRは工場や倉庫で荷物や資材を運ぶことを想定して開発されている。例えばMiR社が開発する人協調型自律移動ロボット「MiR100」は最大100キロまで運ぶことが可能で、報道発表では「ガイド無しで人や障害物を自動的に回避し、自律走行します」と説明されている。







具体的には、これまで工場や物流センターでは、磁気テープやワイヤーなどのガイドで誘導する「AGV(無人搬送車)」が主に使われてきたが、AMRだと磁気テープなどがなくても人や障害物を回避しながら自動運転が可能になるという。

MiR社は2013年創業。2019年に日本での営業活動を開始している。IDECファクトリーソリューションズの協調安全ロボットテクニカルセンターでは、MiR100によるデモなどを見学可能だという。

【参考】関連記事としては「パナソニック、物流向け自動運転搬送ロボットを発売」も参照。







関連記事