みんなのタクシーの初決算、2019年3月期は当期純損失6886万円

タクシーアプリS.RIDEを東京で展開





出典:官報

タクシー配車アプリ「S.RIDE(エスライド)」を展開するみんなのタクシー株式会社(本社:東京都台東区/代表取締役社長:西浦賢治)の第1期決算(2019年3月31日現在)が、2019年7月4日付の官報に掲載されている。当期純損失は6886万円だった。

当期純利益を含む各数字は以下の通り。







貸借対照表の要旨(単位・千円)

資産の部
流動資産 524,376
固定資産 43,110
合計 567,487

負債及び純資産の部
流動負債 36,348
株主資本 531,139
資本金 304,200
資本剰余金 295,800
資本準備金 295,800
利益剰余金 △68,860
その他利益剰余金 △68,860
(うち当期純損失 68,860)
合計 567,487

みんなのタクシーは、ソニーとソニーペイメントサービス、グリーンキャブや国際自動車など東京都内のタクシー会社5社による合弁企業で、2018年5月に設立された。2019年4月にS.RIDEのサービス提供を東京都内で開始している。







関連記事