工学院大学、無料講座「自動運転時代の鉄道の可能性」を開催

2019年6月22日に新宿キャンパスで





工学院大学(所在地・東京都新宿区)は2019年6月22日(土)、新宿キャンパスでオープンカレッジ鉄道講座「自動運転時代の鉄道の可能性」を開催する。







工学部電気電子工学科の高木亮教授が登壇するほか、工学部電気電子工学科の特任教授である曽根悟氏も講座の紹介などで登場する。講座についての内容は下記のように紹介されている。

近年話題となる「自動運転」は、自動車の自動運転ですが、もともとは鉄道が得意な分野です。

鉄道の自動運転は、わずかな改良で、精度が著しく向上すると見込まれています。具体的には、運行管理部門とのリアルタイムな結合により、輸送力や運行品質、 需要変動への即応性において、高品質化が期待できます。公共交通機関として広くみると、鉄道事業者が道路輸送や航空輸送と手を組み、ドアツードアの快適さを格段に向上させることで、事業の大発展が期待できます。今回の無料特別講座では、様々な最新のICT技術を取り入れることにより、鉄道輸送自体の柔軟化が従来よりも容易に実現できることなどにも触れ、鉄道が社会へもたらす多様な可能性を探ります。

開催時間は午後2時から午後4時半まで。場所は工学院大学新宿キャンパスのアーバンテックホール(東京都新宿区西新宿1-24-2)で、受講料は無料。詳しくは「工学院大学オープンカレッジ鉄道講座」から確認できる。







関連記事