JR東日本CVCと物流ベンチャーのCBcloud、MaaS領域で提携

鉄道利用者の手ぶら観光を可能に?





出典:CBcloudプレスリリース

CVC(コーポレートベンチャーキャピタル)のJR東日本スタートアップ株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:柴田裕)と、物流ベンチャーのCBcloud株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:松本隆一)は、MaaS領域での連携を目的とした資本提携契約を2019年10月18日までに締結した。

CBcloud社は、フリーランスドライバーと荷主を即時につなぐ配送マッチングサービス「PickGo(ピックゴー)」を運営しており、中間業者を経由しない効率的な仕組み作りに取り組んでいる。同サービスには10月5日時点で1万5000人以上のフリーランスドライバーが在籍しているという。







今回の資本提携により、JR東日本グループの交通インフラとCBcloud社の同サービスを組み合わせることで、新しい事業の創出を目指していくようだ。一例としては、鉄道利用者が手ぶらで観光できるよう柔軟な物流サービスの構築を検討するという。

CBcloud社は2013年10月設立。PickGoの提供のほか、宅配の効率化に向けた次世代宅配ソリューション「LAMS」なども運営している。







関連記事