DiDiのみで月売上1,000,000円も!タクシー乗務員、AI需要予測でさらに

累計ダウンロード数100万件に





DiDiモビリティジャパン株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:Stephen Zhu)が提供するタクシー配車アプリ「DiDi」は、2019年8月から大阪でのサービス開始以来、現在は全国333社以上ものタクシー事業者に利用されており、DiDiのみで1カ月の売上が100万を超えたタクシー乗務員も出てきているようだ。







2019年11月6日からは、タクシー乗務員向けアプリに過去のデータを基にタクシー需要が見込まれるエリアと需要の高さをリアルタイムで確認できる「DiDiヒートマップ機能」を東京エリアから順次提供することを発表しており、さらに売上をあげるタクシー乗務員も出てきそうだ。

このヒートマップ機能には、人工知能(AI)が搭載されており、過去の注文情報などのデータを解析し、より正確な需要予測が可能となる。タクシー乗務員は、需要の高いエリアを確認することで、効率よく乗客とのマッチングが可能だ。

■累計ダウンロード数、100万件に

DiDiのユーザーからの人気も高まっている印象で、DiDiの月間ダウンロード数が2019年7月から10月の期間、配車アプリとして4カ月連続1位を記録したことも発表されている。累計ダウンロード数は2019年9月末までに100万件に上ったという。

2019年11月13日からは新たに「群馬エリア」でのサービス提供を開始し、国内では17エリア目の展開となった。報道発表では「大阪、兵庫、広島、福岡ではシェアナンバー1」と強調している。

利用者は20代や30代の若者が多いとしており、タクシーに馴染みが薄い年齢層がタクシーを利用するきっかけになっているようだ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事