Carstay社とキャンピングカー社、「車中泊モビリティサービスプラットフォーム」構築へ

業務提携を発表、MaaS系事業としても注目





Carstay社プレスリリース

車中泊スポットのシェアサービスを展開するCarstay株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役:宮下晃樹)と「ジャパンキャンピングカーレンタルセンター」を運営するキャンピングカー株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:頼定誠)は2019年6月23日までに、業務提携を開始したと発表した。

Carstay社は業務提携について「キャンピングカーのレンタルから、車中泊・テント泊スポットや体験アクティビティの検索・予約・決済まで、一気通貫で旅行者の快適な旅をサポートする」としており、共通の目的としては「車中泊モビリティサービスプラットフォーム」の構築を掲げている。







Carstay社は2018年創業のスタートアップ企業で、車中泊スポットのシェアリングサービスで注目を集めている。キャンピングカー社は全国各地に拠点を持ち、日本最大級のキャンピングカーレンタル事業やキャンピングカー比較サイトなどの運営を行っている。

Carstayは場所を、キャンピングカー社は車両を提供する企業であるだけに、両社がタッグを組んだ場合のシナジーは大きい。今後の展開にも要注目だ。







関連記事