自動運転関連求人数、3カ月連続増 目立ち始めた「CASE」のキーワード

四半期ベースでは4.6%増に





日本唯一の自動運転専門メディア「自動運転ラボ」(運営:株式会社ストロボ)はこのほど、日本における自動運転関連求人数調査の最新結果を発表した。2019年9月末時点の関連求人数(主要転職6サイト)は前月比0.3%増の1万5433件と微増した。







四半期ベースとしては、2019年度第2四半期(2019年7〜9月)末は前四半期比4.6%増となった。第1四半期も5.8%増だったことを考えれば、自動運転関連求人は堅調に増加を続けている傾向にあると言える。

2019年9月は求人案件の中でキーワードとして「CASE」(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)を使っているケースも多く、各領域の連携を意識して人材を募集している案件も目立った。

主要転職6サイトにおいて関連求人数が最も多いのはこれまでに引き続きIndeedで、2019年9月末は前月比1.1%増の1万3241件だった。その後は、dodaが同0.1%増の1441件、リクナビNEXTが同13.1%減の487件、ランスタッドが同9.1%増の131件、マイナビ転職が同6.8%減の81件、エン転職が同20.0%減の52件と続いている。







関連記事