【お知らせ】当社代表取締役の下山哲平がTBSラジオにリモート出演 新型コロナウィルスが車業界に与えた影響などを解説

2020年4月30日(木)15:30〜17:30の「ACTION」で



自動運転ラボを運営する株式会社ストロボ(本社:東京都港区)の代表取締役である下山哲平が、TBSラジオの情報エンタテインメント番組「ACTION」内のコーナー「ACTION PROJECT」にリモート出演し、新型コロナウィルスが自動車業界に与えた影響や業界における対策について解説することになりましたので、お知らせいたします。

ACTIONは毎週月曜〜金曜日の午後3時半から午後5時半にかけて生放送されているラジオ番組です。芥川賞作家・羽田圭介さんがパーソナリティを務める木曜放送では、これまで新型コロナウイルスが観光業や音楽業界、ウエディング業界などに与える影響などが取り上げられてきました。







同番組への出演が4回目となる下山は、今回は感染拡大防止の観点からリモート出演という形で番組に参加し、実際に海外や日本の自動車業界や自動運転業界にどのような影響が出ているのかや、どのような対策が考えられているのかなどについて解説する予定です。(※お話する内容は当日の流れで変わる可能性があります)

TBSラジオの番組表は「https://www.tbsradio.jp/timetable/」から確認できます。下山の出演は午後5時10分ごろからを予定しています。

下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事