シンギュラリティ・ソサエティ、11月20日に「Invent or Die – 未来の設計者たちへ:3」主催 自動運転ラボも登壇

中島聡氏と松本徹三氏が対談


AIは神になるのか——。著名プログラマーの中島聡氏が2018年9月に設立した一般社団法人シンギュラリティ・ソサエティが、2018年11月20日(火)午後7時から「Invent or Die – 未来の設計者たちへ 3」と題した無料の対談・講演イベントを行う。







元ソフトバンク・モバイル副社長の松本徹三氏(現ジャパン・リンク代表取締役社長、ソフトバンク社シニア・アドバイザー)を招き、「Windows 95を設計した日本人」として知られる中島氏と、シンギュラリティ(技術的特異点)に達した「究極のAI」に対する人間の向き合い方についてなどを議論する。

イベントではメディアレポートとして、自動運転専門ニュースメディア「自動運転ラボ」を運営する株式会社ストロボの下山哲平代表取締役が登壇。AI技術と関わりが深い自動運転におけるセンシング技術や運転アルゴリズム、高精度3次元(3D)マップなどについて解説した上で、巨大化する自動運転市場の展望や可能性について語る。

メディアレポートでは、AI特化型ウェブメディアAIメディア「Ledge.ai」を運営する株式会社レッジの飯野希執行役員も登壇する。

イベントの参加はシンギュラリティ・ソサエティのオンラインサロン会員が優先(入会申込はこちらから)だが、非会員も枚数限定で入場できる。参加申込は「専用ページ」から。

【イベント概要】
  • 日程:2018年11月20日(火)
  • 時間:19時00分~22時00分(受付開始:18時30分)
  • 場所:サイボウズ東京オフィス カンファレンスルーム(東京日本橋タワー 27階)
  • 住所:東京都中央区日本橋2-7-1
  • 入場:無料
  • 主催:一般社団法人シンギュラリティ・ソサエティ
【タイムテーブル(予定)】
  • 18時30分:受付開始
  • 19時00分:開会
  • 19時05分:第1部:対談 中島聡×松本徹三
    テーマ:AIは神になるのか(仮)
  • 20時30分:第2部:メディアレポート
    – 人工知能メディア=Ledge.ai
    飯野希氏(株式会社レッジ執行役員)
    – 自動運転メディア=自動運転ラボ
    下山哲平氏(株式会社ストロボ代表取締役社長)
  • 21時30分:第3部:パネルディスカッション
    テーマ:ASに向けてBSでなすべきこととは(仮)
  • 22時00分:閉会
  • 23時00分:完全撤収







関連記事