トヨタ第1四半期決算、利益が465%増 「積極的な未来への投資」に言及、自動運転など視野

2022年3月期の連結業績予測は変更せず



トヨタ自動車の2022年3月期の第1四半期決算(2021年4〜6月)が2021年8月4日午後、公表された。







売上高に相当する営業収益は前年同期比72.5%増の7兆9,355億円、四半期利益は同465.2%増の8,978億円。トヨタ・レクサス販売台数は世界販売が好調で、ビフォーコロナの2019年の水準まで回復した。電動車の販売比率が伸びていることも特筆すべき点と言える。

2022年3月期の連結業績予測は変更せず、営業収益は前期比10.2%増の30兆円、最終損益は同2.4%増の2兆3,000億円を見込んでいる。

出典:トヨタ決算発表資料
■「積極的な未来への投資」に言及

今回は豊田章男社長や担当役員によるYouTubeなどを通じたオンラインでの決算説明会は行われず、決算発表と同時に公表された資料においても、自動運転やコネクテッド、Woven Cityなどに関する直接的な言及は見当たらなかった。

一方で、公表資料の中で「今後も収益体質のさらなる改善と積極的な未来への投資を両立し、モビリティカンパニーに向けた取り組みを加速したい」という一文があり、先進技術領域への投資には引き続き積極的な姿勢で臨む姿勢のようだ。

ちなみに2022年3月期の研究開発費は1兆1,600億円に上っており、前期比で696億円増えている。

▼決算要旨
https://global.toyota/jp/ir/financial-results/
▼決算報告プレゼンテーション資料
https://global.toyota/pages/global_toyota/ir/financial-results/2022_1q_presentation_jp.pdf

【参考】関連記事としては「トヨタ「自動運転・MaaS系」非上場子会社、決算6社まとめ」も参照。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事