約4,000万円!東大発テトラ、空飛ぶクルマの予約販売をいよいよ開始

テトラの「Mk-5」、米国で一般公開



出典:テトラ・アビエーション社プレスリリース

空飛ぶクルマを開発している東京大学発スタートアップのテトラ・アビエーション株式会社(本社:東京都文京区/代表取締役社長:中井佑)は2021年8月2日までに、eVTOL(電動垂直離着陸機)の新機種「Mk-5(マークファイブ)」の予約販売を開始したことを発表した。

eVTOLは「空飛ぶクルマ」とも呼ばれ、Mk-5は同社初の販売モデルのようだ。Mk-5は、米国でプライベートパイロットライセンスを持つ富裕層向けに販売する予定で、約40機の予約を受け付け、2022年度中に引き渡しを開始するという。







Mk-5は米国開催の世界最大級航空ショー「EAA AirVenture Oshkosh 2021」で公開されている。

■eVTOL「Mk-5」の仕様は?最高速度は時速108キロ

Mk-5は1人乗りモデルで、価格は約4,000万円。機体サイズは幅が約8.62メートル、長さが6.15メートル、高さが2.51メートル。機体重量は488キロ、最大離陸重量は567キロで、約80キロ分が積載可能と発表されている。

動力はフル電動で、固定翼にある32個のローターで垂直飛行し、尾翼の1個のプロペラで水平飛行する。最高速度は時速108キロ。

テトラ・アビエーションは、2020年2月に米国で開催された米ボーイングがメインスポンサーの1人乗り航空機の国際大会「GoFly」で、唯一の賞金獲得チームとして破壊的イノベーターに贈られるディスラプター賞を受賞している。

ちなみにディスラプター賞を受賞したのは「Mk-3」というモデルで、同社は大会後から約1年をかけ、Mk-5を開発してきたという。

■日の丸スタートアップのテトラに今後も注目

テトラ・アビエーションは、東京大学大学院博士課程に在籍していた現代表の中井佑氏をリーダーとして、東京大学の支援を得て仲間とともに創業した企業だ。

日本そして世界で空飛ぶクルマを開発する企業が増えているが、機体の予約販売までこぎつけているベンチャーは決して多くはない。日の丸スタートアップであるテトラ・アビエーションの活躍に今後も注目していきたい。

▼テトラ・アビエーション公式サイト
https://www.tetra-aviation.com/

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事