eVTOL

「空飛ぶクルマ」に積極投資!DRONE FUNDが設立5年

経済産業省と国土交通省が2030年代の実用化に向けたロードマップを作成するなど、注目が増す「空の移動サービス」。民間企業によるエアモビリティの開発は、この目標の実現に向けて必要不可欠な要素だ。 そんなエアモビリティの開発企業に...

空飛ぶクルマ向けの「空港」、英国で世界初オープン Urban-Air Por...

エアモビリティ向けのインフラ事業を展開する英Urban-Air Port (UAP)は2022年5月4日までに、空飛ぶクルマや空飛ぶタクシー向けのエアポートとして「Air-One」を、イギリス中部の都市コベントリーでオープンした。 ...

空飛ぶクルマベンチャーSkyDrive、「2025年の事業開始」へまた一歩前...

「空飛ぶクルマ」や「物流ドローン」を開発する株式会社SkyDrive(本社:愛知県豊田市/代表取締役CEO:福澤知浩)が、2人乗りの機体での2025年のサービス開始へ向けて、また一歩プロジェクトを前進させたようだ。 新たに設計された航...

ホンダ社長が描く未来「空飛ぶ車で移動後、自動運転車が迎えに・・・」

「経営TOPとのパネルディスカッション」と題し、2022年4月1日、ホンダに入社した新入社員約400人とホンダ社長の三部敏宏氏が意見を交わした。 その中で空飛ぶクルマや自動運転車が話題にあがり、三部社長は「空飛ぶクルマで移動後...

空飛ぶクルマって、正直「クルマ」じゃなくない?

「空飛ぶクルマ」というワードを耳にすることが多くなった。しかし、実際に開発されている空飛ぶクルマは、道路を走行することを前提としていないケースも少なくない。 日本の国土交通省航空局も空飛ぶクルマについて、ある資料内で「『クルマ...

空飛ぶクルマ、必要インフラ一覧(2022年最新版)

空飛ぶクルマ実用化に向けた機運が高まりを見せている。主体となるeVTOL(電動垂直離着陸機)の開発に注目が集まりがちだが、近年はインフラ整備に参入する企業も相次いでおり、開発の裾野がどんどん広がっている印象だ。 この記事では、...

エアアジア、空飛ぶクルマ事業に参入か 英企業に100機以上発注

マレーシアの大手格安航空(LCC)エアアジアが、空飛ぶクルマ事業に参入する見通しだ。イギリスの開発メーカーに100機以上を発注した。エアアジアを率いるトニー・フェルナンデス氏は「LCCを立ち上げたときも懐疑派はたくさんいた」と述べて...

トヨタ大興奮?出資先の空飛ぶ車企業Joby、株価10倍の予兆

空飛ぶクルマを開発する米Joby Aviationの株価が、2022年2月3日に上場来最安値となる3.63ドルをつけた後に反転し、3月24日時点で最安値から46.8%高の5.33ドルととなっている。最近、報道発表を立て続けに行ったこ...

世界初の4人乗り!「空の送迎」向けの空飛ぶクルマ発表

中欧スロバキアの空飛ぶクルマメーカーであるAeroMobil(エアロモービル)は2022年3月18日までに、空飛ぶクルマのセカンドモデルとなる「AM NEXT」を発表した。 AM NEXTは4人乗りの量産型空飛ぶクルマだ。Ae...

自動運転、未来のトップ企業は「テスラ」!業界幹部の回答で最多

KPMGジャパンはこのほど、自動車業界を対象とした調査レポート「グローバル・オートモーティブ・エグゼクティブ・サーベイ2021」を発表した。 「パワートレインの未来」「消費行動のデジタル化」「新たなテクノロジー」「サプライチェ...