タクシー配車アプリS.RIDE、第3期決算で純損失拡大 コロナ禍が影響か

「みんなのタクシー」から社名変更



出典:官報

東京最大級のタクシー配車アプリ「S.RIDE」を運営するS.RIDE株式会社(本社:東京都台東区/代表取締役社長:西浦賢治)の第3期(2020年4月〜2021年3月)の決算公告が官報に掲載された。当期純損失は4億1,300万円。第2期の当期純損失は約4,900万円だったため、損失は拡大した形となる。コロナ禍が影響した可能性も高そうだ。

■第3期決算概要

貸借対照表の要旨(2021年3月31日現在)
▼資産の部(単位:千円)
流動資産 1,456,403
固定資産 93,921
資産合計 1,550,325
▼負債及び純資産の部(単位:千円)
流動負債 292,006
株主資本 1,258,318
資本金 100,000
資本剰余金 1,690,000
資本準備金 1,690,000
利益剰余金 △531,681
その他利益剰余金 △531,681
(うち当期純損失) 412,959
負債・純資産合計 1,550,325







■ソニー系企業、前社名は「みんなのタクシー」

S.RIDEはタクシー配車アプリ「S.RIDE」を開発・配信している企業だ。ソニーや東京都内のタクシー事業者などが設立したみんなのタクシー株式会社が社名変更し、S.RIDE株式会社となった。

タクシー配車アプリのサービスは2019年4月から東京都内で提供が開始され、その後、神奈川や埼玉、愛知、大阪でもサービスを展開中だ。

特に東京でのネットワークが強く、グリーンキャブ、国際自動車、寿交通、大和自動車交通、チェッカーキャブ、東京都個人タクシー協同組合、三和交通、三和交通多摩、エスコート交通、泉自動車交通と事業を展開している。

タクシー配車アプリは数が増えているが、S,RIDEはその中でもスタイリッシュなデザインやシンプルなUI/UXが特徴だ。使いやすさを重視し、短時間でタクシーの配車が完了できるよう配慮されている。

2020年2月にはタクシー相乗りマッチングアプリの「AINORY」と連携することを発表した。AINORYはタクシーの相乗りマッチングと割り勘機能を備えたアプリで、AINORYとの連携によってユーザーが増えることへの期待が高まった。

■S.RIDEの今後の取り組みに引き続き注目

S.RIDEは前期よりも赤字が膨らむ形になったが、タクシー配車アプリやデリバリーアプリはサービスローンチ当初はユーザー獲得のためのプロモーションに多くの費用を投じており、今回赤字が拡大したことを事業の将来性を結び付けるのは早計だ。

S.RIDEの今後の取り組みに、引き続き注目していきたい。

▼S.RIDE公式サイト
https://www.sride.jp/jp/

※官報に掲載された決算公告に関する記事は「自動運転・MaaS企業 決算まとめ」から閲覧頂くことが可能です。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事