半導体大手NXP、企業横断型組織「MONETコンソーシアム」へ加盟

参画企業に対するソリューション提供などで貢献





半導体大手の蘭NXP Semiconductorsの日本法人NXPジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取締役:山口純史)は2020年5月31日までに、自動運転やMaaSなどの革新を推進する企業横断型組織「MONETコンソーシアム」に加盟したことを発表した。







MONETコンソーシアムはソフトバンクとトヨタなどの共同出資会社であるMONET Technologiesが設立した団体で、業界や業種を超えてMaaSの事業開発を推進し、移動の社会課題解決を目指した活動を行っている。

2020年5月29日時点でMONETコンソーシアムへの加盟企業は557社となっており、運輸業や自動車メーカーだけでなく、建設、教育、ヘルスケアなどの様々な業種が加盟している。

NXPジャパン社は、車載半導体メーカーとしてのいち早い参画で、自動運転の基幹となる半導体ソリューションなどをMONETコンソーシアム参画企業に広く利用してもらい、より現実の課題に即したソリューションとして普及をはかりたい考えだ。

■自動運転のソリューション・メーカーを目指して

NXP Semiconductorsは独インフィニオン、日本のルネサスエレクトロニクスなどと車載半導体のトップメーカーとして熾烈な競争をしつつ、デバイスやソフトウェアと組み合わせたより使いやすいソリューションを市場提供することに力を入れている。

自動運転用の車載コンピュータ「BlueBox」や電気自動車・ハイブリッド車の開発プラットフォーム「GreenBox」といったソリューションがその一例だ。

他社との協業も積極的に行っている。2019年1月には超並列プロセッサを提供する仏Kalray社と安全・信頼性の高い自動運転プラットフォームを開発していくことでパートナーシップを発表した。

2019年3月には米ソフトウェアベンダーのGreen Hills Softwareと自動運転アプリケーションの開発にむけたパートナーシップを発表するなど、ハードウェア、ソフトウェア両面からの自動運転に向けた協業を本格させている。

長年培ってきた「車載半導体」という強みを核にしつつ、周辺業種、異業種へとつながりを広げる活動が、今回のMONETコンソーシアムへの参画にもつながっている形と言えそうだ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事