多様な職種で募集アリ!自動運転&MaaS、気になる求人4選【2022年3月】

エンジニア職や営業職、コンサルタント職



自動運転&MaaS関連の求人は日を追うごとに増えている。自動運転ラボ恒例の「気になる求人」記事の2022年3月版では、各社が公開している案件の中から、特に注目したい案件をピックアップして紹介する。







■自動運転実験機器のサービスエンジニア

アメリカに本社を構え、自動車衝突実験用人体ダミーをメインに開発するヒューマネティクス・イノベーティブ・ソリューションズ・ジャパンでは、自動運転のテスト走行で使う実験機器のサービスエンジニアを募集している。

具体的には、「UFO(Ultra Flat Overrunable robot platform)」という「相手車両」の役割を担う機器の操作やメンテナンス、改良などを担うという。

機械の修理・整備経験、電気系統や計測装置に関する基礎知識、ソフトウェアの開発、サービスに関する経験が必須となる。石川県かほく市にある金沢テクニカルセンターでの勤務がメインとなる。

https://doda.jp/DodaFront/View/JobSearchDetail/j_jid__3005967201/

■自動運転関連などのセキュリティコンサルタント

大手監査法人のトーマツは、自動運転のためのセキュアな製品などの開発・製造を支援するセキュリティコンサルタントを募集している。2~5人程度の組織の一員として業務に従事するという。

自動車関連ECUやIoTの開発・設計業務の経験が必須で、サイバーセキュリティ開発への興味・関心が高い人材を募集している。名古屋事務所勤務となる。

https://doda.jp/DodaFront/View/JobSearchDetail/j_jid__3005971119/

■MaaSアプリ開発のエンジニア職

NTTグループでICT先端技術を手掛けるNTTテクノクロスでは、MaaSアプリを開発するエンジニアを募集している。アプリの企画段階から携わるチャンスもあるという。

3年以上のウェブ系アプリの開発経験が必要で、モバイル系アプリの開発経験があればなお良いとしている。横浜事業所勤務となるが、7〜8割は在宅ワークで、出社は週に1日程度のようだ。

https://doda.jp/DodaFront/View/JobSearchDetail/j_jid__3006029548/

■KINTOに関する営業担当職

トヨタのサブスクサービスを展開するKINTOは、サブスクサービスの販売促進などに従事する営業担当者の求人を出している。営業エリアは関東全域だという。

金融業界や自動車関連業界におけるBtoB(対企業)営業の経験が必須。勤務地は愛知県名古屋市の本社となる。

https://doda.jp/DodaFront/View/JobSearchDetail/j_jid__3006008594/

■果敢にチャレンジしてみては?

気になる求人はあっただろうか?いまホットな自動運転&MaaS領域。現在転職を考えており、各求人における必須要件を満たしているなら、果敢にチャレンジしてみてはいかがだろうか。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。JV設立やM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立し、設立5年でグループ6社へと拡大。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域メディア「自動運転ラボ」を立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術や企業の最新情報が最も集まる存在に。(登壇情報
【著書】
自動運転&MaaSビジネス参入ガイド
“未来予測”による研究開発テーマ創出の仕方(共著)









関連記事