ARMA(アルマ)

「豪雪地帯」で自動運転!北海道岩見沢市で次世代バス実証

自動運転に関するトータルソリューションも手掛ける株式会社マクニカ(本社:神奈川県横浜市/代表取締役社長:原一将)はこのほど、国から「特別豪雪地帯」に指定されている北海道岩見沢市北村地区における自動運転EV(電気自動車)バスの公道走行...

自動運転、実証実験の結果一覧(2022年最新版)

自動運転技術の実用化に向けた実証が各地で進められている。一部は実用化域に達しつつあり、レベル4法の改正とともに取り組みはますます加速していく見込みだ。 年々進化を遂げている研究開発現場では、どのような成果が上がり、またどのよう...

怖い?便利?「歩車混在」のお台場、自動運転バスが走行

2023年の1〜2月ごろ、東京都内である自動運転実証が行われることが決まった。「歩⾞混在」のお台場の遊歩道などを⾃動運転バスが⾛⾏するという実験で、実施企業はソフトバンク子会社のBOLDLYと、高速バス大手のWILLERとなっている...

自動運転バス・シャトルでの定常サービス一覧(2022年最新版)日本編

日本国内でも、自動運転バスやシャトルがすでにサービスを開始している。現状は安全面や法規制を考慮し、常時監視付きのレベル2や遠隔監視付きのレベル3といった運行形態を採用しているが、いずれも近い将来のレベル4サービスを見越した取り組みだ...

いま日本でポピュラーな自動運転シャトルと言えば?

世界各地で自動運転シャトルが実際に活躍し始めている。日本も例外ではない。すでに実サービスとして運用されている例もあるほか、実証実験も盛んに行われるようになってきている。 そんな中、いま最も日本で最もポピュラーな自動運転シャトルと言えば...

ぼたん雪、自動運転バスのセンサーにどう影響?北海道で検証

ソフトバンク子会社のBOLDLY株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社⻑兼CEO:佐治友基)はこのほど、雪や氷点下の環境でハンドルがない自動運転バスの冬季運行を行うことを発表した。 冬季運行は北海道上士幌町(かみしほろちょう...

三菱商事、インドネシアで自動運転実証!不動産開発最大手と協業

総合商社の三菱商事株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:垣内威彦)は2021年12月16日までに、インドネシアで自動運転実証実験を開始することを発表した。自動運転ソリューションプロバイダーのマクニカとの共同企業体にて実施す...

名古屋都心で自動運転実証!一般客も乗せて実施、2021年10月下旬にかけ

2021年10月末までを期間とする自動運転の実証実験が、愛知県でこのほどスタートした。「都心における自動運転を利用した移動」をテーマに、交通事業者が幹線道路を含むルートで自動運転車両を運行するという実証だ。 JR舞鶴駅とイオン...

年23%成長の半自律・自律バス市場!「トヨタ vs GM vs 新興勢」の自...

「半自律型バス」と「自律型バス」の市場は2020〜2027年にCAGR(年平均成長率)23.1%以上の成長が見込まれていると、市場調査レポートプロバイダーのReport Oceanが2021年7月15日までに発表した。2019年は約...