電動キックボード

膨らませて使うメルカリの小型カー、物流用途で自動運転検証も パーソナルモビリ...

フリマアプリでおなじみのメルカリが、モビリティ分野で研究開発を進めているようだ。同社は空気で膨らませる斬新な電動モビリティ「poimo(ポイモ)」を発表し、将来的には自動運転や追従運転によるラストマイル物流の配送実証を行う方針という...

自民党MaaS議連で議論された「電動キックボード規制緩和」の提言とは?

自由民主党のMaaS推進議員連盟は2020年6月、電動キックボード事業者出席のもとマイクロモビリティPT(プロジェクトチーム)を開き、規制緩和に向けた提言をまとめていくことを決定し、提言案を発表した。 2021年前半を目途に特...

アイシン精機、パーソナルモビリティ「ILY-Ai」を事業化!ラストワンマイル...

アイシン精機株式会社(本社:愛知県刈谷市/代表取締役社長:伊勢清貴)は2020年3月9日までに、2015年に初代モデルを発表してから開発を続けてきたパーソナルモビリティ「ILY-Ai(アイリーエーアイ)」を事業化すると発表した。 ...

VW(フォルクスワーゲン)「We」のMaaS事業解説&まとめ

欧州自動車メーカーの雄、フォルクスワーゲン(VW)グループがモビリティサービスへの参入を加速させている。2019年6月にはカーシェアリング事業に本格参入し、世界展開を図っていく構えだ。 このほかにもさまざまなシェアサービスや付...

超小型モビリティが、高齢者の移動に革新をもたらす

シェアリングサービスの普及とともに、超小型モビリティやマイクロモビリティへの注目度が年々高まっている。これらの新モビリティは取り回しが容易で扱いやすく、導入コストも低く抑えることができるため、シェアサービスとして導入しやすいようだ。...

マイクロモビリティ推進協議会に、電動キックボード最大手Limeが加入

国内の電動キックボード事業者を中心に構成されるマイクロモビリティ推進協議会(所在地:東京都千代田区/会長:岡井大輝)は2019年11月19日、電動キックボードシェアサービス世界最大手「Lime」を運営するNeutron Holdin...

MaaS、2020年の業界展望を大予測!アプリ次々と実用実証へ、Whimも日...

世界的に加速するMaaS(Mobility as a Service/移動のサービス化)構築に向けた動きは、日本も例外ではない。クルマ社会と呼ばれて久しいが、鉄道やバス、タクシーをはじめとした交通機関とともに移動サービス全般の在り方...

【2019年10月分】自動運転・MaaS・AIの最新ニュースまとめ

2019年度も下半期に入り、冬の足音とともに2020年の足音も近付いてきた。 国内では、空飛ぶクルマの開発を進めるスカイリンクテクノロジーズに航空機製造事業の許可が下りたほか、電動キックボードのシェアリング事業の実現を目指すL...

AIバスや自動運転…最先端モビリティで地域課題を解決!11月22日にカンファ...

最先端モビリティに関するカンファレンス「e-JAMP CONFERENCE」が2019年11月22日、東京都の「大田区産業プラザPiO」で開催される。地方公共団体や交通事業者向けの無料イベントで、AI(人工知能)バスや電動キックボー...

電動キックボード、国が「規制の一時停止」認定 モビリティ分野で初、Luupに...

電動キックボードのシェアリング事業に取り組んでいる株式会社Luup(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:岡井大輝)の実証計画が、2019年10月20日までに国の「新技術等実証制度」(規制のサンドボックス制度)において認定された。 この...